ゴールドミセスは、高価買取 日本一の買取に挑戦!一般の方、業者様大歓迎!貴金属・プラチナ・ダイヤモンド・ジュエリー・ロレックス・ブランド品など高価買取いたします。

0120-42-7777
大阪なんばの高価買取 ゴールドミセス > コラム > オタールなどのお酒を買取り査定へ出すにあたっては

オタールなどのお酒を買取り査定へ出すにあたっては



家の中に眠っているお酒があるという方におすすめの情報



自宅の中に、オタールなどのお酒が眠っているという方もいるのではないでしょうか。このように、飲む機会がなく、瓶の中で熟成が止まっている洋酒の中には、非常に価値の高いものがあります。洋酒は、ニーズが多くあり、高く評価されてきていることから、最近では、洋酒の買取というサービスも提供されてきています。こちらのサービスを上手に利用すれば、家の中でただ眠っているだけの品物が、大きな価値を生み出してくれる可能性もあります。

一口に洋酒と言っても、免税店で購入する、旅行のお土産としていただくなど、その入手方法にはさまざまなバリエーションがあります。どのような経緯で手に入れたとしても、ウイスキーやブランデーのように、アルコール度数の高いものの場合、時間が経過しても、品質にはほとんど変化がありません。もちろん、直射日光に当たる場所に長時間放置した場合などは変質することがありますが、未開封のコンディションで暗所に保存しておいた場合などは、ほとんど変わらない味が保たれます。

ワインの場合、保存するにあたっては温度の管理も重要な意味合いを持ちますが、ウイスキーやブランデーなどの場合、そこまで神経質になる必要はないという違いがあります。このような事情から、洋酒の買取市場では、古い商品も盛んに取引されているというのが現状です。



ウイスキーやブランデーを買い取ってもらいたい場合には



オタールなどのお酒の熟成は、樽の中に入っている間は進みますが、瓶に詰めた段階で止まることとなります。ウイスキーやブランデーのうまみや色は、蒸留しただけの段階では存在しませんが、樽の中で熟成される中で出来上がっていきます。熟成のプロセスにおいて、アルコール分は蒸発し、徐々に減少することとなりますが、こちらは「天使の分け前」などと呼ばれており、むしろ好ましい現象ととらえられています。このようにしてアルコール分の減ったもの同士をブレンドしたり、ブレンドせず、一つの樽の中で熟成させたりと、作り方は千差万別に存在すると言って良いでしょう。

ところで、ウイスキーは、出張買取の業界内でも人気の高い商品です。こちらは、ワインと同じように、作られた場所や年代によっても味が異なり、はっきりとした個性が表れるために、ヘビーなファンも多いのが特徴となっています。例えば、オールドボトルは、製法の違いなどの面でもファンが多く存在しており、その価値が高く評価されてきている商品です。このように古いお酒は、当然ながら、飲めば消費されることとなり、数が減少するために希少性が高くなってきているという訳です。

また、最近では、日本のウイスキーも、海外で人気を呼び、さまざまなシーンで高く評価されてきています。中には、思いのほか高い値段で取引されるものもあるので、買取サービスを利用する際にも、それだけ高額の査定を期待することができます。



ブランデーや洋酒のボトルの買取について



これから、オタールなどの洋酒を買い取ってもらう場合は、お酒の種類にも気を配ることが大切なファクターです。例えば、ブランデーも高い値段で取引される傾向にあります。こちらは、ウイスキーと同じように、アルコール度数が高いため、長期間に亘って保存した場合にも、品質が変わりにくいという特徴があります。ブランデーの中でも、コニャックはとりわけ高額の査定を期待することができる商品です。こちらは、フランスのコニャック地方を原産とするもので、蒸留は2度行います。

コニャックは、V.O.、V.S.O.、V.S.O.Pとランク付けされており、後者になるほど高い価値があります。また、中にはV.S.O.P.を超えるランクのものも存在し、製造業者によってその価値は大きく変わってくるのも特徴的です。それだけに、たとえ古い商品であっても、熟成が進んでいれば高い価値があり、高額の査定を期待することができるのは確かです。

次に、洋酒は、中身だけではなく、ボトルなども出張買取の対象とされています。もちろん、オールドボトルなど、古き良き時代のお酒を好む人は数多く存在しますが、ボトルなどにも価値が見い出される場合があります。

なお、ブランデーのボトルには、骨とう品のような価値が見いだされるものが多く存在します。中には、現代のボトルにはない精巧なつくりとなっており、空き瓶でありながらも値段がつくケースもあるほどです。また、「ボトルコレクター」と呼ばれる人たちも存在するほど、取引数の非常に多い商品となっています。例えば、ガラス製で外観の美しいものや、陶器でできた非常に希少性の高い商品などが存在します。こうしたボトルは、興味・関心のない人にとってはただの容器にしか見えないかも知れませんが、実際に買取査定へ出してみると、思いのほか高い金額が提示され、驚くことがあるでしょう。