ゴールドミセスは、高価買取 日本一の買取に挑戦!一般の方、業者様大歓迎!貴金属・プラチナ・ダイヤモンド・ジュエリー・ロレックス・ブランド品など高価買取いたします。

0120-42-7777
大阪なんばの高価買取 ゴールドミセス > コラム > 日本でも高い人気のあるルビーの買取

日本でも高い人気のあるルビーの買取


美しい赤の輝きを見せるルビー



世界にはいろいろ宝石として親しまれてきたものがありますが、紀元前まで歴史をさかのぼることができるのがルビーです。多くの人を魅了した宝石の1つであって、中世では不思議な力があると信じられていたり、秘薬として存在していたりという歴史があります。それだけ価値の高い宝石であり、買取ということを考えても、高額で取引されていることがわかるでしょう。ルビーというその名が使われるようになったのは、中世ごろからになります。その後、フランスで商業用として開発され、人の手による製造法によって世に知れ渡るようになりました。誕生石は7月であり、ルビーのアクセサリーをプレゼントする方もいるでしょう。石に込められた言葉は「熱情、情熱、純愛、仁愛、勇気、仁徳」などと、存在感のあるルビーにふさわしい言葉が付けられています。

宝石には必ず産地があり、どこでも取れるというわけではありません。有名な産地はミャンマーやスリランカでしょう。産地が限られているところが特徴であり、くもりのない宝石はとにかく貴重です。宝石の質量単位であるカラットの値が大きくなると、価値も高くなっていきますが、3カラットを超えるなどという大きなものは、ごくわずかな産出量しかありません。

ミャンマー産に関しては、わずかな産出量しかないもののピジョン・ブラッドと呼ばれる美しい宝石が貴重なものとされています。格別に美しい深みのある輝きを持っています。希少価値も高く、買取ということを考えても別格の扱いであるといってもいいでしょう。

日本でだけは、ミャンマー産の中でも赤が濃いルビーに対して、鑑別書に対してビジョン・ブラッドと記載することがあります。海外ではこうした縛りをかけられていません。買取に出す場合に、鑑別書を見ることもあるはずですが、産地に関しては要注意すべきポイントになるといえるでしょう。



親戚ともいえるサファイアの存在



ルビーは、とても神秘的な存在として知られ、さまざまな言い伝えがあり歴史ある魅力ももっています。また、美しい独特の赤い色を持っています。その色になるまでの過程でどのような変化があるのでしょうか?酸化アルミニウムの結晶からなる鉱物であるコランダムは、無色透明な状態から不純物イオンによって色が変わってきます。不純物が混入することによって色が変わり、ルビーの場合にはクロム、サファイアの場合には鉄やチタンが混じることによって変化が出ます。

区別するのに分かりづらいルビーとピンクサファイアですが、それぞれもった価値は注目したいものです。ピンクがかった色合いが人気になってきてはいますが、中にはすでにルビーではなくピンクサファイアとされ、他にもレッドサファイアと呼ばれる宝石まであります。この違いも、酸化クロムなどが含まれる量によって宝石としての価値も変わってきます。購入の際にルビーかピンクサファイアかどちらを選ぶか迷いますが、最終的に流行などの時代背景や購入者の本人の好みで判断されるでしょう。

こうしたことが、現在でも起きるということを覚えておくべきです。他にも、ガーネットやレッドトルマリンも赤く輝く宝石の仲間になります。共通した光りかたをしていますが、価値としても異なるものとされています。さらに合成した石もあるということも注意が必要でしょう。それだけ魅力的な宝石なのであり、産出量の少ない希少性を持っているという裏返しでもあります。



現在でも親しまれるのルビーの買取



鑑定方法もはっきりしており、屈折率や熱伝導テスターによってさまざまな方法をとるようにもなりました。もちろん、素人では判別も難しいといえるのが間違いのないところです。ルビーは、独特の美しさがあり、宝石としても高い人気を誇ります。買取も市場として盛んですので、眠っているものがあるのであれば、鑑定に出してみるのもいいでしょう。思っている以上に高額になるかもしれません。

買取の際にも、自宅に眠ったものや大切にしていたルビーも、鑑定や査定を行ってみると思いのほか良いお値段で買い取ってくれるかもしれません。鑑定書がなかったり、一部壊れている箇所があったり、売れるかどうか疑問に思った時点でもまずは相談してみることをおすすめします。買取してもらうところを決めるには、ルビーの買取実績がきちんと表記されているお店を選びましょう。できれば、ブランド品や高価なものに関して強みのあるお店が望ましいです。

また、何年も前に買った古いデザインのものも家に長年しまっていることもあります。型が古くなって身につけずに締まった状態ということはよくあるケースでしょう。名前などと特定の文字が記されているものでも、一度相談してみるといい結果となるかもしれません。

インターネットから宅配便を使って買取の依頼をすることもできますが、最寄りの駅などの近場にお店があるなら実際に足を運んでみたほうが安心して査定してもらうことができます。