「ハイブランド」とは?その定義やイメージする種類もご紹介

2021.08.31ブランド
Pocket

「ハイブランド」とは?その定義やイメージする種類もご紹介

ハイブランド

世の中では常に増減するブランド。
そのブランドの中には誰もが憧れる、「ハイブランド」と呼ばれるものがあります。
しかし、みなさまの中には「なぜこのブランドがハイブランドと呼ばれているのか?」と疑問に思われている方もいらっしゃるのではないでしょうか?
今回は、ハイブランドとは何か、ハイブランドと呼ばれる定義やハイブランドの一例についてもご紹介します。

・ハイブランドとは?

ハイブランドとは上流階級の王族や貴族から愛された、品質、価格ともに非常に高いブランドを指します。
そのため、ただ金額が高いだけでなく上記の通り品質、クオリティ、歴史の要素が必要になります。
特徴としては、比較的形が変わることが少ない定番モデルと呼ばれるアイテムのほか、常に流行の最先端をいくデザインのアイテムも持ち併せています。
そのため、一般の方々からも憧れの的となることが多く、「一度は持ちたい」と考えられる方も多いです。

・ハイブランドと呼ばれるためには

ハイブランドと呼ばれるには

先述の通り、ハイブランドと呼ばれるために必要なものは「実績」です。
実績とは、長い歴史を持つ、王族や貴族から愛用されるなどが該当します。
ここでは、それぞれについてご紹介します。

・長い歴史を持つ

ハイブランドと呼ばれるブランドには、1世紀以上の長い歴史を持つものが多く存在します。
つまり1世紀以上顧客を魅了し続け、その要望に応え続けたということです。
当時の顧客は王族や貴族などであるため、必然的に高クオリティのものが要求されておりました。
また常に定番のものだけではなく、最先端のものも追及しなければなりません。
そのように伝統とトレンド・最新を追い求めた結果、ユーザーから憧れられるハイブランドとなるのです。

・王族や貴族から愛用されている

先述の通り、ハイブランドと呼ばれるものは貴族から愛されていることが特徴としてあります。
例えばエルメスはナポレオンから愛されており、常に顧客から愛されるブランドとして確立していました。
このように、信頼と実績を積み重ねた結果、歴史上の人物からも愛されることとなったのです。

・一般的なハイブランドの一例

ハイブランドの一例

ここでは、一般的にハイブランドと呼ばれるブランドを一部ご紹介します。

・ルイ・ヴィトン

「ダミエ」や「モノグラム」といった、特徴的な柄を持つルイ・ヴィトンは代表的なハイブランドであるといえます。
ルイ・ヴィトンのテーマは「旅」であるため、バッグやレザーアクセサリーが多くなっております。
それらは非常に丈夫に作られておりますので、クラフトマンシップを感じられるものばかりです。

・グッチ

デザイナーのイニシャルを世界で初めて取り入れたグッチもまたハイブランドに名を連ねます。
イタリア発の当ブランド、かつて上流階級がこぞって愛用していました。
最高品質のデザインとクオリティの逸品ばかりですので、ぜひ一つは手に入れたいものです。

・ブルガリ

時計やアクセサリーなどが目を引く世界屈指のジュエリーブランド、ブルガリ。
腕時計やレザーアイテムのほか、香水、チョコレート、ホテルなど様々な事業を展開しています。
広く展開できているのもこれまでの実績が評価されている為であり、それらが非常に高水準です。

おわりに

今回はハイブランドについてご紹介しました。
ハイブランドとは歴史や貴族から愛された「実績」があるブランドです。
例えばかつてのナポレオンもエルメスを愛用しており、200年以上の歴史を持つことからもその実績がうかがえます。
みなさまがよく耳にするルイ・ヴィトンやグッチ、ブルガリなどもハイブランドとなります。
もしも欲しいブランドがありましたら、それらを調べると実はハイブランドだったということがあるかと思いますので、気になる方は調べられてみてはいかがでしょうか?

ブランド買取

大阪 東京のプラチナ買取ならGold Mrs インゴット分割もゴールドミセス
The following two tabs change content below.
アバター

ゴールドミセス

ゴールドミセスでは、日本一の買取を目指しており、他店では出来ない高価買取を実施しております。 是非、金・貴金属・ブランド買取をお考えの方は一度ゴールドミセスの買取一覧をご覧くださいませ。