シャネルの歴史と商品の特徴についてご紹介

2021.02.07ブランド
Pocket

シャネルの歴史と商品の特徴についてご紹介

シャネルの歴史と特徴

高級ブランドとして世界的に有名な「シャネル」。
1910年の創業以来、現在でも多くの女性が憧れているブランドとして確立されています。
しかしそんなハイブランドである「シャネル」はどのようにしてここまで有名になったのでしょうか?
今回は、シャネルの歴史と商品の特徴についてご紹介していきます。

・シャネルの歴史

シャネルの歴史

1910年のパリでシャネルのブランドは誕生しました。
そんなシャネルブランドの歴史についてご紹介していきましょう。

・女性服の解放

シャネルブランドの創設者であるココ・シャネルが1910年にパリで帽子屋を開いたことがシャネルブランドの始まりだとされています。
ココ・シャネルは帽子だけにとどまらず、衣装づくりにも力を入れ始め、モードブティック・オートクチュールハウスの展開、1919年にパリのオートクチュールコレクションの発表などを手掛けていきます。
当時は豪華な装飾がなされたものがレディース服の定番でありました。
それとは対称的にシンプルかつ機能性重視に作られたシャネルデザインは、「女性服の解放」として象徴され広く世間に評価されていきます。

・一時は店舗を閉店、その後回復へ

第二次世界大戦により1939年に一度ブティックを閉店します。
その中でも香水・アクセサリー店だけは継続させていました。
戦争が終わり、休業していたブティックを再開し始めるもののフランスでの人気は落ち込んだままでした。
そんな中、アメリカのスター「マリリン・モンロー」がシャネル香水である「No.5」を愛用していたことがきっかけとなり、シャネルブランドとして世界的に話題になっていったのです。

・新しいシャネルブランドを立ち上げる

ココ・シャネルの死後、1983年にカール・ラガーフェルドがアーティスティックディレクターになります。
シャネルブランドの新作アイテムを多く発表し、1994年には日本でも大きなブームが起きました。

・シャネル商品の特徴とは?

商品の特徴

「古い価値観に縛られるのではなく自立した自由な女性像」の方針を掲げていたシャネルブランド。
その数々の商品には「個性を何より大切にする」ココ・シャネルの想いが表れています。
シャネルは、ほかとは違う個性を輝かせることができるブランドとして確立したのです。
自立した女性を思わせる気高さ・気品を表現したデザインとなっているのです。
そんなシャネルブランドは他のブランドとは異なる特徴を持っています。

・レディースアイテムに限定している

シャネルブランドはレディースのアイテムのみで、メンズものはありません。
一部メンズものも販売されてはいるのですが、これは「女性から男性へ贈るもの」というイメージを持って販売されているのです。
レディースにこだわって作っているのには、「価値観に縛られずに自立した女性像」というコンセプトが軸になっているためです。

・黒色への偏見を変える

シャネルブランドのコーポレートカラーとして、定番とも言える黒色。
創業当時、喪服の色でもある「黒色」をファッションに取り入れるのはタブーだとされていました。
しかしココ・シャネルはファッションにその黒をあえて取り込み、最先端カラーとして再度定義しました。

おわりに

今回は、シャネルの歴史と商品の特徴についてご紹介しました。
今でも多くの新作が展開され、その価値を保ち続けている「シャネル」。
そんなシャネルデザインには、創業者である「ココ・シャネル」の想いが大きく表現されています。
ブランドを選ぶ際には見た目のデザインに加えて、こういった歴史・コンセプトなども知識に入れて選んでいきたいものです。
また、家に眠ったままのシャネルアイテムがあるという方は業者へ査定依頼をかけ、どれくらいの価値があるのかを一度見てもらうことをおすすめします。

大阪 東京のプラチナ買取ならGold Mrs インゴット分割もゴールドミセス
The following two tabs change content below.
アバター

ゴールドミセス

ゴールドミセスでは、日本一の買取を目指しており、他店では出来ない高価買取を実施しております。 是非、金・貴金属・ブランド買取をお考えの方は一度ゴールドミセスの買取一覧をご覧くださいませ。