エルメス財布「ベアン」の種類と人気の秘密について

2021.09.30ブランド
Pocket

エルメス財布「ベアン」の種類と人気の秘密について

ベアン

フランスの馬具工房から始まった高級ブランド、エルメス。
これまで多くのアイテムが発表され、多くのファンを魅了してきました。
その中にはバッグや財布など、普段使いされるものもあります。
今回はエルメス財布「ベアン」の種類と人気の秘密についてご説明します。

・ベアンとは?

エルメスから発売されている人気財布「ベアン」。
初登場は2004年、名前はフランス南西部のベアン地方を由来としています。
レザータブにH型の金具が使用されているのが特徴的です。
クレジットカードや紙幣はもちろん、チケットなどを収納するのに便利なカードポケットも備わっています。

・ベアンに使用されている素材

使用されている素材

ベアンには、さまざまな種類の皮革素材が使用されています。
こちらでは、ベアンに使用されている素材をご紹介します。

・アリゲーター

アメリカのミシシッピ川流域で生息しているワニの革になります。
エルメスが展開する素材の中で最も希少価値が高く、発色が良いのが特徴です。

・ヴォーエプソン

雄子牛のレザーで、2003年に登場しました。
耐久力と耐水性に優れた、ハリのある素材です。

・オーストリッチ

オーストラリアや南アフリカが原産地となるダチョウのレザーです。
クイルマークと呼ばれる、水玉模様の革表面が特徴です。

・シェーブル

細かい革目と繊細な光沢感を持つヤギ革の素材です。
素材自体が軽く、傷にも丈夫なのが特徴です。

・ボックスカーフ

つや加工を施した雄子牛のレザーです。
1890年代の靴屋「ジョゼフ・ボックス」が名前の由来です。

・ベアンのバリエーション

ベアンのバリエーション

ベアンには素材だけでなく、形状にもさまざまなバリエーションがあり、シーンや使用目的によってベストなアイテムが取りそろえられています。
こちらでは、ベアンのバリエーションについてご紹介します。

・ベアン クラシック

幅17.5cm×縦9cm×マチ幅1cm 
カードポケット5 コインケース1 札入れ1 ポケット3
2004年発売当初からのデザインです。
収納力があるうえに、ジャケットのポケットにも入るほどコンパクトなサイズです。

・ベアン スフレ

幅17.5cm×縦9cm×マチ幅1cm
カードポケット5 コインケース1 札入れ1 ポケット3
上記のベアンにマチを設けたベアンスフレは、およそ100枚以上の紙幣を入れることができるほど収納力があります。

・ベアン 2PLIS

幅17.5cm×縦9.5cm×マチ幅1.5cm
カードポケット10 コインケース1 札入れ1 ポケット4
ベアン クラシックとほとんど同じデザインですが、収納面ではカードポケットが10枚に増えています。

・ベアン コンパクト

幅12cm×縦9.5cm×マチ幅1cm
カードポケット4 コインケース1 札入れ1 ポケット2
ベルトデザインはそのままに、クラシックに比べ幅を短くしたベアンです。
お札は二つ折りにして収納ができます。

・ベアン レクトベルソ

幅10cm×縦10cm×マチ幅2cm
カードポケット8 コインケース1 札入れ1  ポケット2
ベアン コンパクトに比べ、少し小ぶりですがカード収納枚数が4枚から8枚に増えています。

おわりに

今回はエルメス財布「ベアン」の種類と人気の秘密についてご説明しました。
ベアンの名前は、フランスの地方名が由来となっています。
特徴としては、レザータブにH型の金具が使用されており、収納面ではクレジットカードや紙幣はもちろん、チケットなどを収納するのに便利なカードポケットが備わっています。
ベアンに使われている素材にはアリゲーター、ヴォーエプソン、オーストリッチ、シェーブル、ボックスカーフなどがあります。
また、ベアンにはクラシック、スフレ、2PLIS、コンパクト、レクトベルソなど、さまざまなバリエーションが発売されています。
このように、一言で「ベアン」といっても多くのアイテムがあるため、まずは使用シーンや好きなカラーなどを検討してから実際に手に取ってみてはいかがでしょうか?

ブランド買取

大阪 東京のプラチナ買取ならGold Mrs インゴット分割もゴールドミセス
タグ : エルメス
The following two tabs change content below.
アバター

ゴールドミセス

ゴールドミセスでは、日本一の買取を目指しており、他店では出来ない高価買取を実施しております。 是非、金・貴金属・ブランド買取をお考えの方は一度ゴールドミセスの買取一覧をご覧くださいませ。