エルメスバッグの代表的なラインをいくつかご紹介!

2021.06.30ブランド
Pocket

エルメスバッグの代表的なラインをいくつかご紹介!

エルメスの代表的なライン

世界的に有名なブランド「エルメス」ですが、そんな代表的なエルメスのブランドバッグの中でもとくに有名なラインがあります。
今回は、そんなエルメスバッグの代表的なラインをいくつかご紹介していきます。

・バーキン

エルメスの代表バッグとも言えるのが「バーキン」です。
女性歌手の「ジェーン・バーキン」に向けてエルメスの5代目社長が贈ったことで有名なバッグになります。
エルメス社長がバッグにいろんな物を次々に詰め込んでいく彼女の様子を見て、「よりたくさんの物が入れやすいように」ということで考案されたバッグだと言われています。
開口部分のデザインが広く取られており、「物が入れやすいように」ということでバッグ内部には仕切りがありません。
そんなバーキンバッグのサイズ展開としてはさまざまな物があります。
2004年に登場したとされる「バーキン25」は、従来モデルと比較すると非常に小さいサイズに作られており、パーティーシーンにはもってこいのバッグサイズです。
「バーキン30」は日本人の平均的な身長・体型に合わせて作られているため、使い勝手が良いとされています。
また、基本的にバーキンはサイズが大きいほど実用性も高くなります。
しかしバーキン特有の上品さが無くなることは無いため、バーキンバッグは荷物を入れるためのものだけではないということを証明しています。

・ケリー

ケリー

バーキンバッグとの人気が分かれるエルメスバッグと言えば「ケリー」ではないでしょうか?
ケリーが発売された当初は、「サック・ア・クロア」という名前が付けられていました。
ただ1995年に、当時の有名女優である「グレース・ケリー」が妊娠中のお腹をこのお腹で隠したことが雑誌表紙に取り上げられ、これをきっかけにモナコ王室への確認・許可を得てバッグ名称を「ケリー」に変えたと言われています。
ケリーには内縫い・外縫いの2つの縫い方があり、内縫いは角に丸みのある印象、外縫いはきちっとした硬い印象と縫い方によって印象も異なります。
またケリーバッグのサイズ展開としては25・28・32・35・40の5つが展開されており、バッグにストラップを付けることでショルダーバッグとして使用することができます。

・コンスタンス

コンスタンス

「エルメスのショルダーバッグ」と聞いた際にパッとイメージできるのは「コンスタンス」ではないでしょうか?
バッグ金具の部分にエルメスの頭文字であるHマークのロゴが採用されており、「エルメスらしさ」を最大限に引き出しています。
1969年に発表されたというコンスタンス。
そのバッグの名前の由来としては、コンスタンスのデザイナーである「Catherine Chaillet」の娘が生まれた年がバッグの誕生年と同じであったため、その記念として娘の名前である「コンスタンス」がバッグに名付けられたのです。
また、コンスタンスがエルメスを代表するバッグとして有名になったのは、「J・F・ケネディ」の奥様が愛用していたことがきっかけとなっています。
エルメスのHマーク金具と高品質レザーの相性が良く、高級感溢れる見た目に仕上がっています。
さらにコンスタンスはバッグの開閉も比較的簡単にできるという魅力もあります。
需要によってサイズ展開も変わるコンスタンスバッグですが、最近では流行に沿ったサイズ感のものも販売されています。

おわりに

今回は、エルメスバッグの代表的なラインをいくつかご紹介しました。
「バーキン」「ケリー」「コンスタンス」の3ラインはエルメスバッグの中でもとくに多くの人に知られている代表バッグです。
「エルメスバッグに憧れがあって購入を迷っている…」という方はぜひこちらのラインからエルメスバッグを選んでみてはいかがでしょうか?

ブランド買取

大阪 東京のプラチナ買取ならGold Mrs インゴット分割もゴールドミセス
タグ : エルメス
The following two tabs change content below.
アバター

ゴールドミセス

ゴールドミセスでは、日本一の買取を目指しており、他店では出来ない高価買取を実施しております。 是非、金・貴金属・ブランド買取をお考えの方は一度ゴールドミセスの買取一覧をご覧くださいませ。