ルイヴィトンの偽物と本物の見分け方をご紹介!

2021.05.31ブランド
Pocket

ルイヴィトンの偽物と本物の見分け方をご紹介!

ルイヴィトンの見分け方

ルイヴィトンのバッグや財布を誰でも一度は見たことがあるのではないでしょうか?
しかし、そのルイヴィトンが偽物ではなく本物だと言い切れる人は少ないでしょう。
偽物と本物を見分ける方法があれば、知っておきたいと思う方も多いです。
今回は、そんなルイヴィトンの偽物と本物の見分け方についてご紹介していきます。

・【ルイヴィトン】偽物と本物の見分け方

本物と偽物の見分け方

ルイヴィトンの偽物と本物の見分け方をご紹介します。

・製造番号(シリアルナンバー)

本物か偽物かの判断がつきやすいのが製造番号(シリアルナンバー)です。
ルイヴィトンのバッグはもちろん財布にはこの製造番号の刻印が必ずあり、この製造番号があるかどうかというだけでも本物かどうかを見分けることができます。
また刻印があったとしても、製造番号自体が正確に書かれていないこともあります。
製造番号は、製造国のアルファベットの2文字と製造年月を表す数字の4つで表されています。
ただ2007年以降にはその表記ルールも変わっているため、つじつまがきちんと合っているのかを確認してみることが大切です。
また刻印の質に関してもしっかりと見極めておきたいところです。
本物ははっきりと刻印されている一方、偽物の刻印はしっかりと押されていない部分もあり、フォントが読みづらい・文字の押され方が均一ではないなどの特徴があります。

・ビス

ルイヴィトン製品の中でもビスには種類があり、見比べることが非常に難しいとされています。
「丸みがあるか」「光沢感があるか」「刻印」の3つが、ビスが本物であるかどうか見分けるポイントです。
偽物のビスは頭が割れているものがあったり、高さの少ないビスを使ってロゴを掘りやすくしたりなどコストが抑えられていることが分かりました。

・ブランドロゴ

ブランドロゴも偽物と本物との差がでやすい部分となっています。
偽物であればこの刻印が見えづらく、薄い部分・濃い部分とまばらな状態になっていることがあります。
またとくに注意が必要なのが、2つの「O(オー)」のフォントです。
本物は丸い円の形になっているのですが、偽物は縦長の形になっているのが特徴です。

・スナップボタン

パチッと留めるタイプのスナップボタンがあれば、それを横から見てみるようにしましょう。
本物であれば先端が少し山形に尖っているのですが、偽物は丸い円形になっていることがあります。
一方、受け口部分を見てみると穴の中の棒がロゴの向きと同じ方向を向いているものがあります。
これは本物の証拠であり、偽物であればロゴの向きと並行になっているものが目立ちます。

・プロの鑑定士に見てもらうのが一番!

プロの鑑定士に依頼する

上記に偽物と本物を見分ける箇所をいくつかご紹介しましたが、これ以外にも本来は20箇所以上の見分けポイントがあります。
また偽物によってまた別の特徴が見つかることもあるため、挙げ出すとキリがありません。
ただ今回ご紹介した5つのポイントに関しては、プロの鑑定士ではなくとも見分けがつきやすいものであるとされています。
しかし、これらはあくまでも目安でしかありません。
刻印の違いという点においても目安であるため、「本物はこれくらいの質、偽物はこれくらいの質」というボーダーラインのようなものはやはりプロでないと分からないと言われているのです。

おわりに

今回は、ルイヴィトンの偽物と本物の見分け方についてご紹介しました。
ルイヴィトンの偽物・本物を見分ける方法はいくつかあります。
ご紹介した5つはその中でも比較的見つけやすいポイントであるとされているため、ご自宅のルイヴィトンが本物なのか気になるという方は、ぜひ一度このポイントに絞って見てみてください。

ブランド買取

大阪 東京のプラチナ買取ならGold Mrs インゴット分割もゴールドミセス
タグ : ルイ・ヴィトン
The following two tabs change content below.
アバター

ゴールドミセス

ゴールドミセスでは、日本一の買取を目指しており、他店では出来ない高価買取を実施しております。 是非、金・貴金属・ブランド買取をお考えの方は一度ゴールドミセスの買取一覧をご覧くださいませ。