ルイヴィトンの定番旅行バッグ「キーポル」!使い勝手はどう?

2021.08.31ブランド
Pocket

ルイヴィトンの定番旅行バッグ「キーポル」!使い勝手はどう?

バッグキーポル

1896年にフランスで誕生したハイブランドであるルイヴィトン。
一貫したテーマとしては「旅」があり、丈夫なバッグやレザーアイテムなどクラフトマンシップあふれるアイテムが多数存在します。
今回は、ルイヴィトンで長年愛されている旅行バッグである「キーポル」についてご紹介します。

・「キーポル」とは?

1924年に発表されたキーポル。
その誕生の背景としては、スーツケースに折りたたんで収納することができるボストンバッグとして制作されたことがきっかけとなっています。

つまり、今でいう「バッグインバッグ」の先駆けのようなバッグです。
旅行先でスーツケースを持ち歩きたくない方用に製造・販売されたこのキーポル。
なんと発売当初から約100年間、一度も廃番になったことがない長年愛され続けているバッグです。
用途としては旅行バッグに分類され、派生形としてはショルダーストラップがついた「バンドリエール」があります。

・キーポルのサイズ展開

キーポルのサイズ

キーポルには60、55,50,45の4サイズが展開されています。
主な用途は旅先でのセカンドバッグなどさまざまになりますので、自身の目的に沿ったサイズのキーポルを選んでみてください。

・キーポル60

キーポルの中でも幅×高さ×奥行きが60×33×26という最大サイズのバッグです。
お土産や着替えを入れるのに十分なサイズで、このキーポルだけでも旅行に行けてしまうほどです。
またゴルフなどのアクティビティを旅先で楽しみたい方にもおすすめです。

・キーポル55

サイズが55×31×24の2番目に大きいキーポルです。
冬時期ならマフラーやセーターなどをすっぽりと入れることができ、また出張時にはノートパソコンやタブレットを入れることもできます。

・キーポル50

50×29×22サイズの、ご自身の洋服はもちろん、子ども服を入れるのにもちょうどよいサイズのキーポルです。
そのため、バッグインバッグのほかにマザーズバッグとしてもお使いいただきやすいサイズです。

・キーポル45

サイズが45×27×20の、最も小さいキーポルです。
1~2泊の旅行にはぴったりのサイズで、またウェアを入れるという観点からスポーツバッグとしてもお使いいただけます。

・「スピーディ」とは?

スピーディとは

今回ご紹介しているキーポルとよく比較される「スピーディ」についても少し触れたいと思います。
スピーディは主にタウンユース用で、メインバッグとして使用されます。
製造背景としては、当時一般的になりつつあった自動車での移動の際に持ちやすいようにということで作られました。
名前の由来も”早く”移動できるようにという思いから命名されました。
この「スピーディ」の功績としては、それまで旅行バッグがメインだったルイヴィトンだったのですが、このスピーディが販売されてから一気にタウンユースでの使用が広がった、ということが挙げられます。

おわりに

今回はルイヴィトンが誇る不滅の旅行バッグ「キーポル」についてご紹介しました。
キーポルは本来、旅行先で2つ目のバッグとして使用する、バッグインバッグとしての用途が強かったです。
サイズについては60、55、50、45と4サイズ展開としており、それぞれ幅広いユーザーのニーズに応えてくれます。
キーポルとしばしば比較されるスピーディは、タウンユースでの使用が目的で製造されたバッグになります。
こちらは自動車通勤が主流になりつつあった時のフランスの情勢を反映したバッグで、その名前も”早く”移動できるようにという思いから命名されました。
とはいえ、今回ご紹介したのはあくまでメーカー側の考えになりますので、実際に使用する皆様はより幅広い使い方をされることでしょう。
さまざまなサイズ展開がされているスピーディに興味を持たれましたら、ぜひ一度手に取って使い勝手を確かめてみてはいかがでしょうか?

ブランド買取

大阪 東京のプラチナ買取ならGold Mrs インゴット分割もゴールドミセス
タグ : ルイ・ヴィトン
The following two tabs change content below.
アバター

ゴールドミセス

ゴールドミセスでは、日本一の買取を目指しており、他店では出来ない高価買取を実施しております。 是非、金・貴金属・ブランド買取をお考えの方は一度ゴールドミセスの買取一覧をご覧くださいませ。