【ルイヴィトンのライン】「ヴェルニ」とは?素材の魅力もご紹介

2021.05.31ブランド
Pocket

【ルイヴィトンのライン】「ヴェルニ」とは?素材の魅力もご紹介

ヴェルニ

ルイヴィトンのラインとしてはさまざまなものが展開されていますが、その中でも「ヴェルニ」というラインがあることをご存知でしょうか?
「ヴェルニ」は高級感のある素材と豊富なカラーリングが特徴で、世界中の人々から愛される代表ラインとして知られています。
今回は、ルイヴィトンのラインである「ヴェルニ」の魅力についてご紹介していきます。

・【ルイヴィトンのライン】「ヴェルニ」とは?

ルイヴィトンの「ヴェルニ」ラインは、マーク・ジェイコブスが1998年にアーティスティック・ディレクターとしての就任時にデビュー作ということで発表したラインになります。
艶感が魅力の外観・オリジナル性の高いカラーが一躍世の人々から注目され、ルイヴィトンの定番ラインとして定着するようになりました。
ヴェルニのデザインとしては、同じくルイヴィトンの代表ライン「モノグラム」がベースになっており、正式名としては「モノグラム・ヴェルニ」という呼び方をなされます。
またヴェルニのカラーリングも一つの特徴ですが、1985年発表の「エピ」ラインも同じように明るいビビットカラーのカラーリングが注目を浴びました。
しかしヴェルニが登場して以降は、こちらのラインの方が人気を博しているのではないでしょうか?

・「ヴェルニ」の素材の魅力について

ヴェルニの素材

ルイヴィトンのヴェルニラインに使用されている素材は、どれも高級感漂う質感をしています。
そもそも「ヴェルニ」という単語は、「エナメル」という意味をもつフランス語です。
ヴェルニラインはその名前のように、光沢感のあるエナメル加工が施されたレザー素材を用いています。
素材の名前をそのままラインとして使用してしまうところも、「ルイヴィトン」のブランド力を誇示していると言えるでしょう。
この素材を用いることでバッグ・財布などが輝き、持ち主の印象をパッと華やかでゴージャスなものにしてくれます。
素材表面にはルイヴィトンの「モノグラム」の柄が型押しされており、ルイヴィトンブランドのアイテムとしてさりげなくアピールしています。

・豊富なカラーバリエーションも特徴の一つ!

カラーバリエーションの魅力

1998年に発表された「モノグラム・ヴェルニ」は、カラーバリエーションの展開が豊富という点も魅力の一つです。
1998年ヴェルニ発表当初に展開されたのが、「ベージュ」「ベビーブルー」などです。
そこから毎年新しいカラーが発表され続け、これまでに発表されたカラーをすべて挙げると50種類以上あると言われています。
「ヴァイオレット」「フィッシャーピンク」などの鮮やかさのあるカラーや、「ガレ」「ブルーニュイ」といったクールな印象をもつカラーなど、その日のスタイルによって合わせるカラーがあるほど、多くのカラーバリエーションを展開してきました。
また、2012年には「ヤヨイ・クサマコレクション」といった草間彌生とのコラボレーションアイテムとして、彼女の特徴的な「ドット柄」デザインをヴェルニアイテムに融合させました。
ほかにもストライプの柄に仕上げた「レイユール」、スティーブン・スプラウスへのオマージュ作品として誕生した「レオパード」など、さまざまなコラボレーションアイテムを発表してきた魅力的なルイヴィトンラインなのです。

おわりに

今回は、ルイヴィトンのラインである「ヴェルニ」の魅力についてご紹介しました。
ルイヴィトンの「ヴェルニライン」は、その名の通りエナメル加工のレザーが特徴的な魅力あるラインとして人々の間で広まっていきました。
またそのカラーバリエーションの豊富さも魅力の一つで、さまざまなカラーに挑戦し、有名デザイナーとのコラボレーション作品も生み出すなど、挑戦的なラインであるとも言えるでしょう。

ブランド買取

大阪 東京のプラチナ買取ならGold Mrs インゴット分割もゴールドミセス
タグ : ルイ・ヴィトン
The following two tabs change content below.
アバター

ゴールドミセス

ゴールドミセスでは、日本一の買取を目指しており、他店では出来ない高価買取を実施しております。 是非、金・貴金属・ブランド買取をお考えの方は一度ゴールドミセスの買取一覧をご覧くださいませ。