売却前に知りたいシルバーの買取相場について

2021.03.29買取
Pocket

売却前に知りたいシルバーの買取相場について

シルバーの買取相場

金・プラチナが買取に出される例はよくありますが、シルバーも買取に出すことができるのをご存知でしょうか?
あまり広く知られていないのですがシルバージュエリーはもちろん、銀食器などのシルバー製品も買取を行ってもらうことができるのです。
また、シルバーの買取基準や買取相場に関しては詳しく知らないという方も多いでしょう。
今回は、売却前に知りたいシルバーの買取価格についてご紹介していきます。

・シルバーの買取相場について

シルバーの買取相場について

シルバーは主に産業用途として使用される傾向にあり、投資目的やジュエリー、日用品としても多く用いられています。
産業が活性化するほどシルバーの需要も高くなり、買取相場も上昇します。
金・プラチナに比べると高価買取される事例は少ないですが、買取に出してみると予想以上の額が提示されたというケースもあります。
シルバージュエリー・銀食器・工業製品・トロフィー・工芸品などがある場合は、一度買取査定に出してみるのがおすすめです。
銀は素材としても価値があるため、傷がついていたり歪みが起きていたりする場合でも買取価格が大きく下がるということはあまりありません。
ただ、業者によってシルバー製品の買取を行っていないところもあるため、買取に出す際には事前にお店に問い合わせて確認してみるのがおすすめです。

・シルバーの買取価格は何を基準に決まるのか?

シルバーの買取価値

シルバーの買取価格の基準としては「金」や「プラチナ」などの貴金属同様に、「純度の高さ(貴金属の含有量)」によって決められることが多いです。
シルバーの純度としては、最高純度のものが99.9%になり、「100%純銀」というシルバー製品はありません。
その理由としては、シルバーは「柔らかい」という特徴があり、シルバーのみだけでは加工をすることができないことが挙げられます。
そのため、世に出回っているシルバー製品の多くは少し銅を混ぜた「合金」として使用されているものがほとんどです。
99.9%に近いほどシルバーの素材としての価値が上がり、買取価格も高くなる傾向にあるのです。
またシルバーの表記としては、「Ag」「SV」「SILVER」がよく使用されています。
たとえば99.9%の純銀の場合、「Ag999」「SV999」「SILVER999」として表記されるのです。
さらに、シルバーも金と同じくして「ホールマーク」があり、レパード・シェフィールド・バーミンガムといったものがよく知られています。
このようなシルバーの製品を確認することで、銀の純度を知ることができ、「銀そのものの素材」として価値がどのくらいなのかについて把握することができます。

・シルバー製品の主流は「Ag925」

現在シルバージュエリーやそのほかの銀製品として主流になっているのが「Ag925」です。
シルバーの含有量が92.5%の純銀を表しており、別名「スターリングシルバー」とも言われています。
スターリングという英語には「本物」「信頼することができる」という意味が含まれており、純銀として非常に価値が高いことを表しています。
シルバーは柔らかいことが特徴として挙げられましたが、「Ag925」ではその強度を保ちながら、純銀としての特有の輝きも楽しむことができます。
Ag925の純銀の強度があれば、日用品としても充分に活用することができるでしょう。

おわりに

今回は、売却前に知りたいシルバーの買取価格についてご紹介しました。
シルバー製品は金・プラチナなどに比べると買取されることが少ないのですが、シルバー買取を行っている業者もあります。
家の中に使ったことのない銀食器やタンスの奥に眠るシルバージュエリーがあれば、シルバー買取を行っている買取業者に一度査定依頼を出してみるのもおすすめです。
処分する予定が、意外な金額がつく場合もあるでしょう。

宝飾品買取

大阪 東京のプラチナ買取ならGold Mrs インゴット分割もゴールドミセス
The following two tabs change content below.
アバター

ゴールドミセス

ゴールドミセスでは、日本一の買取を目指しており、他店では出来ない高価買取を実施しております。 是非、金・貴金属・ブランド買取をお考えの方は一度ゴールドミセスの買取一覧をご覧くださいませ。