ダイヤモンドには宝石以外にも用途があります

2020.09.01ダイヤモンド
Pocket

ダイヤモンドには宝石以外にも用途があります

ダイヤモンドの用途

ダイヤモンドは貴金属の中でも広く知られているものであり、その価値や美しさから高い人気を誇っています。
ダイヤモンドは貴金属以外の用途でも使われているのですが、その用途は広く知られてはいません。
こちらでは、貴金属以外でのダイヤモンドの用途について紹介しましょう。

・宝石以外でのダイヤモンドの用途

実は、ダイヤモンドは貴金属で販売されている量よりも、他の用途で供給されている量の方が圧倒的に多くなっています。
ダイヤモンドの構成成分は炭素であり、実質的には鉛筆の芯と同じです。
しかし、ダイヤモンドは地中で生成される時に高い圧力が加えられたことにより、地球上で最も硬い鉱物になっています。
この硬さがダイヤモンドの用途の幅を広げた理由になっています。
現在では、ダイヤモンドの組成を研究することで似た構造をした炭素繊維が開発されていて、とても軽いのに高い強度を持っているので、航空機の外壁などの用途に使われるようになっています。
工業が発達する中でダイヤモンドの硬さは重要度を増していて、その用途はこれからも増加していくでしょう。

・工業用ダイヤモンド

工業用ダイヤモンド

市場に流通しているダイヤモンドのほとんどは工業用で使われていて、貴金属で流通しているものは限定的なのです。
これは生成過程で不純物が混ざったりひび割れたりして貴金属の用途に使えるものが少ないというのが最大の要因であり、構造的に問題がある場合が圧倒的に多いので、外見の美しさを必要としない工業用に使用されている理由になっています。
その用途は硬い物質を切断したり研磨したりするといったものですが、これは他の物質を使っても対応ができないからです。
工業用は貴金属と比較しても値段がとても安くなっていて、大きさや形状は特に問題にはならずに多くの用途で利用できるので、今では工業用以外にもトンネルを掘る過程の掘削機でも利用されるようになっていて、必要不可欠な物質になっています。

・レコード針

レコード針

音楽は時代に関係なく愛されていて、少しでも高品質でいい音質の音楽を楽しむため、技術が進歩してきました。
レコード盤からCDに変化したことが代表的な例です。
今ではインターネットを利用してデータで音楽を聴くのが一般的になっていますが、昔のレコード針を使った方法を求める人も増えています。
レコード針はレコード盤に刻まれた溝に入れることで記録してある音楽を読み取れるようになっていますが、使用されている針はとても細く、ダイヤモンドのような硬い物質でなければ簡単に摩耗して劣化してしまうでしょう。
針が摩耗して劣化してしまうと記録してある音楽の品質が悪くなる上に、レコード盤そのものを削ってしまうので使いものにならなくなってしまいます。
この状態を回避するにはダイヤモンドのような硬い物質が最適なのです。

・ダイヤモンド・ヘッド

工作機器や加工機の工作部分にダイヤモンドを使っていて、回転させることで硬い素材を切断することができます。
代表的な使用例は鉄材や石を切断する用途での使用です。
他の物質では摩耗が激しくて使い勝手が悪くなってしまいます。
鉄材に関しては熱によって溶断する方法もありますが、このやり方では素材の品質に変化を与えてしまうので、特定の用途にしか使えないというデメリットがあります。
それに対してダイヤモンド・ヘッドは素材の状態をほとんど変化させることなく使いたい大きさに切断できるので、コストを考えれば最適な方法です。
使用回数には制限があるので永久的に使えるわけではありませんが、工業用の用途に使われているものは価格が安いので対応できているのです。

おわりに

産出されるダイヤモンドは貴金属にできる割合が低く、実際には異物が多く構造も均一ではないため、美しい状態では見つかりにくくなっています。
このような理由から貴金属に転用できるダイヤモンドは希少です。
とても重要な鉱物なので貴金属以外の用途に使わないのは損失でしかありません。
そのため、様々な用途でダイヤモンドは活用されているのです。

大阪 東京のプラチナ買取ならGold Mrs インゴット分割もゴールドミセス
The following two tabs change content below.
アバター

ゴールドミセス

ゴールドミセスでは、日本一の買取を目指しており、他店では出来ない高価買取を実施しております。 是非、金・貴金属・ブランド買取をお考えの方は一度ゴールドミセスの買取一覧をご覧くださいませ。