金のコインは種類が豊富 発行年やデザインでも相場が変わる?

2020.06.26 , 宝飾品 , 買取
Pocket

金のコインは種類が豊富 発行年やデザインでも相場が変わる?

金のコイン

金のコインをこれから購入しようと考えているけど、実際見てみると色んなコインがあってどのコインを買えばいいかわからない。
そんな方もいらっしゃるのではないでしょうか?
こちらでは、そんな方に向けて金のコインについてのご説明をいたします。

・金のコインの種類1 カナダの金貨

日本国内で流通する金貨は多種あります。
カナダの金貨もそのうちの1つです。
カナダの金貨と言えば、当然「メイプルリーフ金貨」。
メイプルリーフ金貨は、1979年以降、毎年発行されていますが、その流通量は「世界一」です。
それもそのはず、カナダの王室造幣局の信頼は世界的に非常に高く、各国の信頼を集めています。
金の純度99.99%以上の金貨は、今となっては複数種類がありますが、最も早く製造されたのが、この「メイプルリーフ金貨」です。
デザインも洗練されているという意見が多く、その面でも多くの方に愛されています。

・金のコインの種類2 オーストリアの金貨

ウィーンの金貨

オーストリアの金貨と言えば、「ウィーン金貨」です。
ウィーン金貨は、1989年にヨーロッパで唯一の純金製地金型金貨として誕生しました。
オーストリアの造幣局は歴史も古く、1194年から続く長い歴史があります。
そのオーストリアの造幣局が発行していることから、この金貨も多くの方からの人気を集めています。
この金貨のデザインには、ウィーンを象徴するものの一つとして、「ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団」が使用されています。

・金のコインの種類1 カナダの金貨

インディアン金貨は、1907年から1933年にかけて製造されていた金貨です。
当時は、イーグル金貨と呼ばれており10ドル硬貨として使用されていました。
インディアン金貨は歴史のある金貨で今では製造はされていません。
金貨愛好家の間でも愛されており、高い価値のついている金貨です。
そのため、インディアン金貨には偽物も多くあります。
インディアン金貨購入の際は、他の金貨購入の際よりも、より偽物を購入しないように気を付ける必要があると言えるでしょう。

・イーグル金貨

インディアン金貨も、昔はイーグル金貨と呼ばれていたとお伝えしました。
しかし、今現在「イーグル金貨」として出回っている金貨は、この金貨とは別物です。
現在では、投資対象として金地金型金貨であるイーグル金貨が発行されており、一般に「イーグル金貨」というと、この金貨のことを指しています。
1986年以降に製造されたイーグル金貨は、純金製ではありません。
K22となっており、この理由は金属としての耐久性を上げるためだと言われています。

・金のコインの相場は、発行年やデザインで変わる?

世界の金のコイン

イーグル金貨のように、同じ名称でも発行年によって内容が変わる金貨があります。
また、各金貨の種類ごとにデザインが異なりますし、たとえば、オーストラリアから出ている「カンガルー金貨」のように毎年デザインの変わる金貨もあります。
こういった金貨の中には、レアな金貨として、金愛好家の間でより高値で取引される金貨があります。
そのため、金貨には投資としての金という側面の他に、コレクターアイテムとしての側面があり、それによって付加価値がつくことがあるということを知っておくと良いでしょう。

おわりに

豊富な種類がある、「金のコイン」についてご説明しました。
投資の対象として、金インゴットだけでなく、金のコインを購入することを検討されている方も多いでしょう。
金のコインは、コレクターアイテムとしての側面がありますので、様々なデザインのものを集めるのも楽しみの一つです。
ぜひ、金のコインの歴史や種類について知って、購入やコレクションを楽しんでください。

大阪 東京のプラチナ買取ならGold Mrs インゴット分割もゴールドミセス
The following two tabs change content below.
アバター

ゴールドミセス

ゴールドミセスでは、日本一の買取を目指しており、他店では出来ない高価買取を実施しております。 是非、金・貴金属・ブランド買取をお考えの方は一度ゴールドミセスの買取一覧をご覧くださいませ。