金買取の手数料について なぜ?必要? 徹底分析します

2020.04.29 , 買取
Pocket

金買取の手数料について なぜ?必要? 徹底分析します

手数料

金買取にあたっては手数料が発生します。
これは一体なぜ発生するのでしょうか?
金買取で得をしたい方々にとっては気になることでしょう。
そのため、この金買取時に発生する手数料について本記事では解説いたします。

・金買取には手数料がかかります!

金買取の際には手数料がかかってくることをご存知でしょうか?
金の取引の際には、買取・売却問わず手数料が必要となってきます。
そして、この金額は一律ではなく、業者ごとによって異なってきます。
業者によっては手数料がかからないケースもありますので、本当に業者次第といったところなのです。

それでも、一般的な考え方というものはあり、一般的には金売却・金買取の際には手数料がかかってくるのが普通と考えておくと良いでしょう
また、購入時と売却時とでは、その算出方法も異なります。
購入時では、その算出は1本1本あたりで計算するのに対し、売却の際には買取を依頼する総重量に対して計算することが多いです。
こういったことに関しても覚えておきましょう。

・金買取にはなぜ手数料がかかる?

手数料がかかる理由

この手数料がかかってくることの理由としては、業者も業務として行うため作業費が発生するということとは別に、金の加工を自社で行うような会社の場合は加工の際に目減りする金の金額を補てんするために設定していることもあります。
いずれにせよ、買取の際の手数料は業者が業務として遂行する上で必要な金額であると言えます。

・手数料の相場はどれくらい?

手数料の相場はどの程度なのでしょうか?
この金額は、業者が自由に決めることができるため、ある程度幅があるものと考えてよいでしょう。
手数料は、1件に対してかかる、もしくは割合に対してかかる、のいずれかが一般的です。
相場という言い方をすれば、1割もしくは2割くらいではありますが、より多くの手数料をとる会社もあれば、極端な話をすれば手数料を取らない会社もあります。
相場はあくまで参考として捉えるようにすると良いでしょう。

・手数料がかからない場合もある?

手数料がかからない場合

手数料は業者ごとに自由に設定することができるため、取っていない会社もあります。
手数料がないということはその分得をすることが出来るので、買取を依頼する時は皆が手数料のかからない会社に依頼するのかというと実はそんなことはありません。
手数料がかかることが一般的であるということは、手数料がかかることによるデメリットが消費者にとって大きいわけではないということを意味します。
そもそも手数料がなぜ必要になるのかという話をいたしましたが、業者が業務を遂行することに対しての適切な取り分です。
つまり、手数料がないということは業者としては行った作業に対しての対価を受け取ることが出来ないということなのです。
そのため、当然すべての業者がというわけではありませんが、無料に設定している業者の中には買取額を他の業者よりも低く設定している業者もあります。

手数料がかからないからといって、それが必ずしも得をすることにつながるわけではありませんので、覚えておきましょう。

おわりに

金買取の手数料についてわかっていただけましたでしょうか?
金買取にあたっては、各業者が自由に決めた手数料が発生しています。
この手数料は業者が利益を得るためのものであるため、基本的にはどの業者でも手数料を取っていると考えた方が良いでしょう。
しかし、一部では取っていないという業者もあります。
記事内でご説明いたしましたが、手数料を取っていないからと言って必ずしも良い業者だというわけではありませんので、安易に判断するということのないように気をつけておきましょう。

大阪 東京のプラチナ買取ならGold Mrs インゴット分割もゴールドミセス
The following two tabs change content below.
アバター

ゴールドミセス

ゴールドミセスでは、日本一の買取を目指しており、他店では出来ない高価買取を実施しております。 是非、金・貴金属・ブランド買取をお考えの方は一度ゴールドミセスの買取一覧をご覧くださいませ。