金の本物と偽物の簡単な見分け方4選

2020.04.02
Pocket

金の本物と偽物の簡単な見分け方4選

本物と偽物の金

金には本物と偽物があることはご存知でしょうか?
メッキ製品など金を模してつくられた偽物も出回っているため、偽物か本物かを見分けることができなければ誤って偽物の金を購入してしまったり売ってしまったりすることになりかねません。
本物の金と偽物の金は下記の方法などで見分けることができるため、注意深く確認するようにしましょう。

・刻印を見る

その金が本物なのか偽物なのかを見分けるには、まず刻印をチェックが必要です。
刻印を確認することで、偽物なのか本物なのかはほとんど判別することができます。
金には、K24やK18などの刻印が押されています。
また、1000や750などの記載も刻印の一種です。
こういった刻印が全くないものは偽物である可能性が非常に高いと言えます。
また、逆に金メッキであることを自ら示す意味での刻印もあります。
金メッキの刻印は、GPやGFなどの表記で表されます。

刻印について説明してまいりましたが、この内容はあくまで日本のものである前提の話であるため、その部分には気を付けるようにしましょう。
海外産の金には刻印があっても偽物という場合があります。
それが日本産なのか海外産なのかについても気を付けておくようにしましょう。

・磁石で確かめる

金と磁石

メッキ製品は磁石につくことがあります。
金であれば、磁石にくっつくことはありませんが、メッキ製品であれば磁石にくっつくことがあります。
偽物のほとんどがメッキ製品を使用しています。
そのため、磁石で確認する方法は本物との見分けのチェックする方法の一つとして有効です。
ただし、すべてが磁石にくっつくわけではありません。

磁石にくっつかないけれど、金以外の素材であるということもありますので、この方法も過信は禁物です。

・色味を確認する

純度に対して、また混ぜ物の内容に対しての色味の確認もチェックには有効です。
本物の色味を正確に再現することはとても困難です。
そのため、精巧なものでなければ、色味に違和感を感じ取れることもあります。
色味を確認して見分ける参考材料としてみましょう。

一般的な見分け方ですが、通常、純度の高い金は山吹色、特にオレンジ色に近い山吹色をしています。
純度が下がるごとにこのオレンジの色味はだんだんと失われていくことになります。

・比重を確かめる

天秤

比重に関しては、非常に重要な本物と偽物を見分ける指標です。
比重によって偽物か本物かを確かめるという方法は、アルキメデスの時代から取られている方法です。
紀元前から現代まで使われ続けている見分け方だけあって、この確認方法は信頼をおくことができます。
ただ、比重を確かめるための専門的な器具となると自分で用意することは難しいですし、買取業者でもなかなか持っていない器具もあります。
比重に関しては本物とでは明らかに違う部分となるのでできればチェックしておきたい項目です。
先述した通り、この方法は、比重の近い素材を使用したものを調べる際には使いづらいため、専門的な器具が必要となります。
また、アクセサリーなどのデザインや構造によっては確認が容易でないこともありますので、その際にも注意が必要です。

この方法を取るのであれば、その専門的な器具を用意している業者に相談するようにしましょう。

おわりに

その金が本物なのか偽物なのかについて調べる方法を4種類ご紹介しました。
いかがでしたでしょうか?
金銭的価値が高いため、メッキ製品のものをつくられることが少なくありません。
その金が本物なのか偽物なのかについて見分けることは金の購入に際しても金の買取に際してもとても重要なことです。
本物であるか、偽物であるか、十分に注意して判別するようにしましょう。

大阪 東京のプラチナ買取ならGold Mrs インゴット分割もゴールドミセス
The following two tabs change content below.
アバター

ゴールドミセス

ゴールドミセスでは、日本一の買取を目指しており、他店では出来ない高価買取を実施しております。 是非、金・貴金属・ブランド買取をお考えの方は一度ゴールドミセスの買取一覧をご覧くださいませ。