【金買取】金箔の買取について徹底解説

2020.05.31
Pocket

金買取で損しないようにするための注意点とは

金箔の買取

家に金箔があった。
金箔は、金として買い取ってもらうことはできるのだろうか?
金箔の買取を考えた場合、このようなことは気になるでしょう。
実際、金箔が金としての買取をしてもらえるかどうか、知っているという方は少ないと思います。
こちらの記事では、その疑問にお答えします。

・金箔とは?

金箔とはそもそも、金を叩くことによって薄く引き伸ばしたものです。
金には、展延性に優れているという性質があります。
この性質によって、金は非常に薄く引き伸ばしても金としての性質を保ったまま使うことができるのです。

昔は人の手で金を伸ばして作っていましたが、今では機械を使うことでとても薄い金箔をつくることができます。
0.0001mmほどの金箔をつくることもできるので、金箔は非常に様々な場所で使われています。

・市販の金箔は純粋な金ではない?

市販の金箔

金箔という言葉のイメージから、純金をイメージされている方も少なくないと思います。
ですが、実際には市販のものの多くは、銅や銀が加えられています。
これは、そのほうが金箔を打ち延ばしやすくなるからです。
純金よりも、銅や銀を加えたほうが変形抵抗や適度な硬さが加わり、伸びやすくなるのです。
また、それ以外にも、色味を変化させるためにこれらの金属が加えられることもあります。
たとえば、純金でつくられた金箔は、少し赤みを帯びたような色味になります。
この赤みを消したい場合は、銀を加えることで赤みを薄めたり消したりします。
また、逆に赤みを増したい場合には、銅を多く加えるのです。

「金箔」という言葉から、金箔は金の含有量が非常に高く、銀や銅はほとんど用いられていない。
そんな風に思いがちですが、一概にそういうわけではありません。
中には、銅や銀の割合がとても高いものもありますので、金箔の価値はそれぞれ異なってくるのです。

・金箔は買取可能?

金箔を金製品として買い取っている買取業者は多いです。
もちろんごく少量の金箔であれば、買取を断られることもあると思いますが、一定量以上がある場合、その金箔の買取をしてもらえることは多いのです。
金箔の買取を依頼するときは、金の含有量によって、買取の有無や買取価格が変わってくることを覚えておきましょう。
上でお伝えしたように、金箔と一口によっても金の含有率はものによって大きく違うためです。
また、金箔の買取にあたって、精錬分析という手法をとる業者も多いです。

こういった手法をとった場合には、その後買取が可能な量の金が検出できなかった場合でももとの状態に戻すことはできませんので、注意しましょう。

・食用金箔も売れる?

食用金箔

金箔の中には、食用として使われるものもあります。
こういった食用金箔は、通常の金箔とは違うのでしょうか?
また、売ることはできるのでしょうか?
結果から言うと、売ることはできます。
ただし、効率は非常に悪いでしょう。
食用の大半は、金の含有量が2~3%程度しかありません。
残りの97~98%は、食用プラスチックであるプルランで構成されています。
一部、95%以上の金が含まれた純度の高い食用金箔もありますが、基本的には上記のような金箔が食用のほとんどです。
含有量が2~3%程度の金箔を金製品として売るためには、かなりの量が必要になります。
そのため、買取に出すことはできるのですが、正直あまり現実的ではないでしょう。

おわりに

金箔の買取についてご説明しました。
金箔も金に違いはないので、買取店で買い取ってもらうことは可能です。
ただ、金の含有量や金箔の量などの問題、買取店に精錬分析等をするための設備はあるか、などの問題があります。
そのため、金箔を買い取ってもらう場合には、事前に一度買取店に相談するようにしておくと良いでしょう。

ゴールドミセスでは金としての含有量などの素材と買取可能なグラムの測定が可能な場合お買取可能です。
素材が判明できない場合やお買取可能なグラムに達していない場合は、お買取不可となります。
ご了承ください。

大阪 東京のプラチナ買取ならGold Mrs インゴット分割もゴールドミセス
The following two tabs change content below.
アバター

ゴールドミセス

ゴールドミセスでは、日本一の買取を目指しており、他店では出来ない高価買取を実施しております。 是非、金・貴金属・ブランド買取をお考えの方は一度ゴールドミセスの買取一覧をご覧くださいませ。