金の指輪を高く買取してもらうには?

2020.06.26 , 買取
Pocket

金の指輪を高く買取してもらうには?

金の指輪

既に持っている金の指輪を買取してもらう場合、やはり少しでも高く買い取ってもらいたいと考えるのではないでしょうか?
価値のある金の指輪をより高く買取してもらうためには、知っておきたい知識があります。
本記事では、金の指輪をより高く買い取ってもらうために、どのような点に注意すれば良いのかをご説明します。
金の指輪を買取店に持っていく際の参考にしてみてください。

・金の指輪とは指輪の形をした金のこと

金の指輪とは指輪の形をした金のことです。
何をいまさらと思われる方もいるかもしれないです。
しかし、これは実は重要なことなのです。
金メッキをしたもの、混ぜ物の多いもの、こういったものもパッと見た限りでは金の指輪に見えます。
しかし、これらは、偽物であって本物ではないのです。
金の指輪の買取にあたっては、どれくらい金が含まれているかが重要です。
これらには、ほとんど金が含まれていません。
金の指輪を高く買い取ってもらう上では、このことに注意しておくと良いでしょう。

・指輪を高く売りたいなら箱や付属品は保管する

指輪の付属品

金の指輪の価値は、金としての価値以外にジュエリーとしての価値もあります。
ジュエリーとして見た場合は特に、購入時の箱や付属品がついているかどうかでその価値は変動します。
購入時の付属品は、必ずすべて取っておくようにしましょう。
このときに絶対に注意しておきたいのが、保証書(ギャランティーカード)の保管についてです。
保証書(ギャランティーカード)を保管していない場合、買取店によっては買取をしてもらえないこともあります。
買取をしてもらえる買取店でも、買取価格を大幅に減額するところも少なくありません。
正規の商品であるにも関わらず、買取をしてもらえなかったり買取価格が大幅に減額になってしまったりしてはもったいないです。
保管にはくれぐれも気を付けましょう。

・刻印や傷があっても買取してもらえる?

彫刻がある指輪

指輪に傷がついていたり、イニシャルなどが刻印されていたりする場合でも買取はしてもらえるのでしょうか?
刻印や傷がある場合でも、問題なく買取してもらえることが多いので安心して良いでしょう。
ただ、買取してもらえないケースもあるので、買取店に持ち込む前に伝えておくように注意しましょう。
また、買い取ってもらえる場合でも、金額は傷がない場合やイニシャルがない場合と比べて減額されることがほとんどです。
イニシャルはともかく、傷については、注意しておくことで防ぐことができます。
売らないにしても、傷はつかないにこしたことはないでしょう。
金の指輪の取り扱いには注意しましょう。
また、刻印も削り取ることができますし、溶かして素材として販売することもできます。
リペアして販売される業者もいますので、刻印については極端に気にしすぎることなく、まずは買取店に相談してみると良いでしょう。

おわりに

金の指輪は、金としての価値、指輪としてのブランドやデザインの価値。
その2つで価値が決まります。
そのため、ハイブランドの指輪はそうでないものと比較して高値で買い取りをしてもらえる傾向にあります。
ただ、保証書(ギャランティーカード)をなくさないように注意しておきましょう。
保証書(ギャランティーカード)をなくしてしまうと、そのブランドの商品であるという証明を失ってしまいます。
それでも買取をしてもらえる場合もありますが、してもらえない場合もあります。
また、買取をしてもらえたとしても、金額が大きく減額になってしまう場合もあります。
高く買取してもらうためには、保証書(ギャランティーカード)を含めた付属品をなくさないようにしておきましょう。
また、当然金自体の価値も金の買取価格には大きく影響するのです。

大阪 東京のプラチナ買取ならGold Mrs インゴット分割もゴールドミセス
The following two tabs change content below.
アバター

ゴールドミセス

ゴールドミセスでは、日本一の買取を目指しており、他店では出来ない高価買取を実施しております。 是非、金・貴金属・ブランド買取をお考えの方は一度ゴールドミセスの買取一覧をご覧くださいませ。