金買取で重要な金の純度を調べる方法をご紹介

2020.08.02 , 買取
Pocket

金買取で重要な金の純度を調べる方法をご紹介

金の純度

金の純度は、金買取の際の金額に関わる重要な内容です。
そのため、純度の確認をする方法は多くあります。
こちらでは、そのうちの一部をご紹介します。
金の純度を自分で確認する機会はほとんどないかと思いますが、金買取店がどのようにして金の純度を調べているのかについて知っておいても良いでしょう。

・金の価値を決めるのは金の純度

金の価値は、純度という基準によって決まっています。
純度のことを「品位」と呼ぶこともあるくらいに、金にとって純度は重要な指標です。
純度が高ければ高いほど、それは純粋な金ということになります。
逆に低ければ低いだけ、その純粋性は失われていることになります。
つまり、純度というのは逆を言えば、どれだけ金以外の混ざりものが入っているのかという指標でもあるのです。

純度100%の金だけが、金だけで作られた本物の金であり、それ以外の純度の金には大小あれども金以外の金属が混ざっています。

・金の純度を調べる方法その1 手に取って確かめてみる

手で確かめる

触った時の感覚や持った時の重さなどで、その金の純度を調べる方法もあります。
純金は、すべての貴金属のなかで最も重いという性質があります。
つまり、その金の純度が高ければ高いだけ、それは重いのです。
他にも、手に持った時にわかる情報には熱の通しやすさもあります。
金は高い熱伝導率をもっています。
そのため、純金に近ければ近いほど、その金は寒い環境では冷たく、熱い環境では熱くなりやすいのです。
もともと冷たい金であっても、手に持っていることで手のぬくもりが伝わり、温かくなってくることもあります。
このように、手に取るだけでも知ることのできる情報があります。
手に取るだけで確実に純度を確かめるというのはなかなか難しいですが、おおまかなことを知るための指標にすることはできるでしょう。

・金の純度を調べる方法その2 比重を調べてみる

金には金の、銀には銀の、物質にはそれを構成する要素がもともと持っている、大きさに対しての重さ=比重があります。
比重は物質ごとに決まっていて変わることはありません。
そのため、その金の比重を調べることで、その金の純度を知ることができるのです。

純金以外は、その金にどんな割金が使われているのかなどによって、比重も変わってくるのです。
ですが、おおよそのあたりをつけることはできます。
比重を調べる方法と他の方法を組み合わせることで、純金以外がK22なのかK18なのかなどを調べることもできるでしょう。

・金の純度を調べる方法その3 刻印を確認する

刻印で確かめる

金の純度を調べる方法は多数ありますが、その中でも最も一般的なのは刻印を確認することでしょう。
金の刻印は、それが本物であることを証明するものです。

その金の純度も刻印されていますので、刻印された内容を確認することで金の純度を知ることができます。
確実に知ることができる方法ですと言いたいところですが、刻印を精巧に真似た偽物が出回ることもあるので、刻印がされているからと言って信じ切ることないようにしましょう。

おわりに

ご説明した以外にも、磁石を近づける、水の中に入れる、試金石を使うなど、金の純度を調べる方法には様々あります。
これだけ多くの方法があるのには、偽物が出回ることが多いという側面もあります。
金は価値の高いものですので、安価な偽物を本物と思わせることができれば大きく儲けることができます。
そのため、多くの方が偽物を作成するのです。
偽物を誤って購入してしまうことのないように、購入する際には必ず信頼できるお店で購入するようにしましょう。
また、販売する際も、きちんとした本物である証明のある金である方が、高い値段で買取をしてもらうことができます。
金買取の取引においては、本物なのか偽物なのかの確認を徹底するように心がけましょう。

大阪 東京のプラチナ買取ならGold Mrs インゴット分割もゴールドミセス
The following two tabs change content below.
アバター

ゴールドミセス

ゴールドミセスでは、日本一の買取を目指しており、他店では出来ない高価買取を実施しております。 是非、金・貴金属・ブランド買取をお考えの方は一度ゴールドミセスの買取一覧をご覧くださいませ。