エルメスアイテムに用いられる定番レザーの種類をご紹介

2021.08.31
Pocket

エルメスアイテムに用いられる定番レザーの種類をご紹介

エルメスで使用されるレザー

レザー用品の最上級ブランドであるエルメス。
エルメスは1837年、フランスのマドレーヌ界隈に開いた馬具工房から始まり、ブランドコンセプトは「職人技の伝承」「移動・旅先のよろこび」とされています。
実はエルメスのロゴに書かれている馬車には人が乗っておりません。
というのも、メッセージとして「最高品質の馬車を用意しますが操縦者はあなた」であることを示しています。
今回は、そのような歴史あるエルメスを語るうえで欠かせない、革の種類についてご説明します。

・革の種類

革の種類

エルメスの革は20種類ほどあり、それらはアイテムによってうまく使い分けられております。
また、同じアイテムでも別のレザーを使用すると見え方や表情が大きく変わるのも特徴です。
例えばエルメスを代表するバッグである「バーキン」はカラーや使用されている素材が非常に多く、時に同じアイテムには見えないこともあります。
ここでは、バーキンにも使用されている、型押しの牛革についてご説明します。

・牛革

エルメスが取り扱う革にはスムースや起毛系、バッファローレザーなどがありますが、ここでは牛革の一部である型押し素材についてご紹介します。

・トリヨンクレマンス

非常に柔らかくしっとりと手に馴染むような質感の雌仔牛の革です。

・トゴ

上記のトリヨンクレマンスよりも張りがある、細かい目をした革です。

・ネゴンダ

生地の目が大きく、独特な手触りがあり、革の使用箇所によっては血筋が目立つ場合がある素材です。

・フィヨルド

程よい柔軟性・弾力性がある粗めの型押しの素材です。

・エプソン

バッグや財布など幅広く使用されている、マットな光沢の素材です。

・エバーカラー

財布などの小物に使われている、やや硬めで張りがある素材です。
プレス加工が施されています。

・ヴァッシュトレッキング

硬質な手触りで若干マットな素材です。

・カントリー

硬質かつ少し張りがある手触りです。

・グランアッシュ

硬めの素材であり織物のように規則正しく並んだ美しい模様の素材です。

・ヴォーミラー

艶やかな光沢がある素材です。

・ヴォー ロデオ

光沢のある少し目の大きな型押しがされた雄仔牛の革です。

以上が型押しの牛革の一覧です。
これ以外にも廃番のものや、山羊革、爬虫類革のほかオーストリッチ(ダチョウ)やエミューなどがあります。
またレザー以外にも繊維やゴム樹脂、キャンバスなどバッグやアクセサリーなどを構成するさまざまな種類の素材を保有しています。

・エルメスが仕入れるタンナー

タンナー

エルメスはタンナーと呼ばれる革をなめす業者・職人から素材を仕入れています。
エルメスは複数のタンナーに注文していますが、有名なタンナーはWEINHEIMER社、ペリンガー社、ヘンローン社、タナリー・デュ・プイ社があります。
これらのタンナーはエルメス以外のメーカーにも革を提供しており、別々のメーカーだがよく見ると同じ革だった、ということがあります。
いずれも、エルメス以外にもハイブランドや日本のメーカーなどでも取り扱われているため、品質は非常に高いものとなっております。
それら高品質な革とエルメスが抱える職人のクラフトマンシップにより1点1点製造されます。

おわりに

今回はエルメスのアイテムに使用されているレザーの種類をご紹介しました。
レザーはなめし方や牛の種類などさまざまな要因で変化します。
今回は非常に種類が多いエルメスのレザーや素材の中から、型押しの牛革をピックアップしましたが、その種類の多さに驚かれた方もいらっしゃるかと思います。
またエルメスで使用されるレザーは世界のレザーメーカーが御用達のタンナーから仕入れています。
エルメスの商品はレザーから製造まですべてがクラフトマンシップにあふれています。そのような観点を持ちながら商品を見てみる・購入するとより愛着が湧くのではないでしょうか?

ブランド買取

大阪 東京のプラチナ買取ならGold Mrs インゴット分割もゴールドミセス
タグ : エルメス
The following two tabs change content below.
アバター

ゴールドミセス

ゴールドミセスでは、日本一の買取を目指しており、他店では出来ない高価買取を実施しております。 是非、金・貴金属・ブランド買取をお考えの方は一度ゴールドミセスの買取一覧をご覧くださいませ。