家庭でできるジュエリーのお手入れ方法をご紹介

2021.03.29宝飾品
Pocket

家庭でできるジュエリーのお手入れ方法をご紹介

ジュエリーのお手入れ

「常にジュエリーを身につけていて、一度もお手入れをしたことがない…」という方も少なくないのではないでしょうか?
ジュエリーは繊細なものであるため、きちんとお手入れを行わずにいると劣化するスピードが速まります。
今回は、家庭でできるジュエリーのお手入れ方法についてご紹介していきます。

・家庭でできるお手入れ方法

家庭でできる

家庭でできるお手入れ方法をジュエリー素材の種類別にご紹介していきます。

・金やプラチナ

金やプラチナでできた指輪やネックレスなどは、中性洗剤が入ったぬるま湯につけたのち、柔らかいブラシを使ってこすり落とします。
見逃しやすい指輪の裏側も忘れずに磨くようにしましょう。
その後、真水につけ丁寧にすすぎ洗いしていきます。
最後に柔らかい布を使い、付着した水分を拭き取って完了です。

・ダイヤモンドやカラーストーン(ルビー・サファイア・アクアマリンなど)

ダイヤモンドやカラーストーンなどの宝石も金・プラチナと同じく、中性洗剤が入ったぬるま湯につけたのち、柔らかいブラシを使ってこすり落としていきましょう。
表側だけでなく宝石の裏側もきちんと磨いていきましょう。
その後、真水につけ丁寧にすすぎ洗いしていきます。
最後に柔らかい布を使い、付着した水分を拭き取って完了です。

・エメラルド・パライバトルマリン・オパールなど衝撃に弱い宝石

宝石にはダイヤモンドのように硬度が高い宝石もあれば、エメラルドのように硬度が低くて柔らかな宝石までさまざまです。
エメラルド・パライバトルマリン・オパールなどの宝石は柔らかく、外からの衝撃に弱いことが特徴です。
衝撃に弱い宝石に関しては、柔らかい布を使って表面を拭き取るだけにしておきましょう。
保管の際も宝石を一つずつ袋に入れたり、布にくるんだりして宝石同士がぶつかって傷がつかないよう距離をあけて保管してください。
エメラルド・パライバトルマリンの宝石に関してはとくに注意するようにしましょう。
また硬度の高い宝石と硬度の低い宝石を一緒に保管すると、宝石同士が擦れ合った場合に傷がついてしまう可能性が高くなるため注意が必要です。

・日常でのジュエリーの取り扱い方

日常のお手入れ

次に、日常でのジュエリーの取り扱い方についてご紹介していきます。

・外した場合はすぐに拭き取る

身につけていたジュエリーを外した際には、ジュエリーに皮脂・汗がついています。
この汚れを放置してしまうと徐々にジュエリーの輝きが無くなり、くすみが生じてくるようになります。
そのためジュエリーを外した場合は、柔らかい布を使ってすぐに全体を拭き取るようにしましょう。

・香水・化粧品などには注意

香水・化粧品といったアルコールや油分がジュエリーに付着してしまうと、変色や劣化につながってしまうことがあります。
指輪やネックレスをつけたままこれらを使用する方も多いのですが、ジュエリーは刺激や衝撃に繊細であるためつけたまま使用しないようにしましょう。

・劣化・変色・変形の可能性がある場合は外す

入浴時や食器洗い時、プール・海に入る時などジュエリーが水に濡れる場合は、できる限りジュエリーを外すようにしましょう。
ジュエリーが水に触れることでさまざまな汚れが付着してしまい、ジュエリーの宝石にくもってしまったり、輝きが失われるようになったりしてしまいます。
最悪の場合、貴金属や宝石が変色・変形してしまう恐れもあります。
また、変形の可能性がある就寝時も外しておくようにすると安心です。

おわりに

今回は、家庭でできるジュエリーのお手入れ方法についてご紹介しました。
ジュエリーは繊細であるため、日頃からしっかりとお手入れを行っておきたいものです。
汚れを拭き取ることを習慣化させるだけでも、ジュエリーの状態を保ち続けることができるため、気づいた時にはサッと拭き取るようにしましょう。

ダイヤモンド買取

大阪 東京のプラチナ買取ならGold Mrs インゴット分割もゴールドミセス
The following two tabs change content below.
アバター

ゴールドミセス

ゴールドミセスでは、日本一の買取を目指しており、他店では出来ない高価買取を実施しております。 是非、金・貴金属・ブランド買取をお考えの方は一度ゴールドミセスの買取一覧をご覧くださいませ。