【宝飾品カラー紹介】赤い宝石の種類まとめ

2021.08.31宝飾品
Pocket

【宝飾品カラー紹介】赤い宝石の種類まとめ

赤い宝石の種類

燃えるような、エネルギッシュな色を持つ「赤」。
赤は漫画やアニメの主人公のテーマカラーにもよく使われていたり、一時は女の子のランドセルが赤一色だったりしたこともあります。
そのため、老若男女さまざまな方から愛される色であるといえます。
今回は、赤い色の宝石について意味合いや特徴などをご説明します。

・赤い宝石一覧

赤い宝石一覧

ここでは、赤い宝石を特徴、石の意味を合わせて一部ご紹介します。

・ルビー

赤い宝石といえばこのルビーを思い浮かべる方も多いかと思います。
7月の誕生石で、実はダイヤモンドの30分の1程度しか年間で採掘されていないことをご存じでしょうか?
透き通るような赤色のルビーは最高品質の色とされる「ピジョンブラッド」と呼ばれます。
日本でピジョンブラッドと鑑別書に記載ができるのはミャンマー産のものだけになります。
しかし海外では特に産地を問わずにピジョンブラッドと記載することができるため、購入の際は鑑別書を確認してみるようにしましょう。
主成分はコランダムという鉱石で、ダイヤモンドの次に硬い石です。
石言葉は「熱情・情熱・純愛・仁愛・勇気・仁徳」などで、まさに「赤」を象徴するような言葉ですね。

・ガーネット

ガーネットは単一の鉱物の名前ではなく、鉱物のグループの名前を指します。
そのため、赤色だけでなく青色以外の色も含まれます。
赤色のガーネットにはアルマディンガーネットやパイロープ・ガーネット、ヘソナイト・ガーネットなどがあります。
それぞれ色味や最初に発見された国などにより名前が異なります。
そのため、ジュエリーやアクセサリーにするとその見た目や名前が違ってきます。
ガーネットの語源は、ザクロの果実に似ていることからラテン語の「granatum」といわれており、石言葉は植物の成長に由来した「実り・努力・向上・繁栄・信念」になります。

アレキサンドライト

アレキサンドライト
ダイヤモンドと並び、「宝石の王様」とも呼ばれることがある宝石です。
アレキサンドライトには変色性があり、太陽の光では青っぽい緑色、人工的な明かりの下では赤や赤紫に見えます。
特に色の変化が大きいアレキサンドライトは「昼のルビー」「夜のエメラルド」と呼ばれることもあります。
この色の変化が大きければ大きいほど高価になり、その美しさと採掘量の少なさから時にダイヤモンド以上の価格がつくことがあります。
アレキサンドライトの石言葉は周囲に振り回されず、自分を貫いて生きるという意味が込められた「秘めた想い」になります。

レッド・コーラル(赤サンゴ)

レッド・コーラルは厳密には石ではなく生物になりますが、宝石として取り扱われます。
またサンゴ自体、年間数ミリしか成長しないため、大きなものは非常に珍しいといわれています。
採掘場所は日本では奄美大島や沖縄などの南側、その他海外ではイタリア、フランス、スペイン、ギリシャなどになります。
レッド・コーラルの石言葉としては、「確実な成長」「長寿」「幸福」などが挙げられます。

おわりに

今回は世の中の女性を魅了する宝石、その中でも赤い宝石についてご説明しました。
赤い宝石にはルビーをはじめガーネット、アレキサンドライト、レッド・コーラルなどさまざまな種類があります。
総じて、赤の発色などの色味が良かったりサイズが大きかったりすると価値が上がり、物によってはダイヤモンドを超える価格のものもあります。
また赤い宝石に限らず宝石には「石言葉」と呼ばれるものがあります。
一見同じような見た目の石でも石言葉が違うだけでその石に込める想いが変わってまいります。
自分の想いに沿った石を選ぶのも良いですね。
ワンポイントアクセサリーでも抜群の存在感を示す「赤」、ぜひ一つは購入を検討してみてはいかがでしょうか?

宝飾品買取

大阪 東京のプラチナ買取ならGold Mrs インゴット分割もゴールドミセス
The following two tabs change content below.
アバター

ゴールドミセス

ゴールドミセスでは、日本一の買取を目指しており、他店では出来ない高価買取を実施しております。 是非、金・貴金属・ブランド買取をお考えの方は一度ゴールドミセスの買取一覧をご覧くださいませ。