プラチナが変色・変形することはある?

2020.11.29プラチナ
Pocket

プラチナが変色・変形することはある?

プラチナの変色

一生涯使い続けることのできるアクセサリーの素材として、プラチナは多くの方に愛されています。
しかし、プラチナは本当に一生涯使い続けることのできるアクセサリーの素材なのでしょうか?
プラチナは、変色・変形せずにずっと使い続けることのできる素材なのか。
本記事では、そちらをご紹介します。

・プラチナが変色することはある?

プラチナは化学的にみてとても安定した素材です。
他の貴金属とプラチナを比べると、プラチナは非常に変質しにくいという性質があります。
酸化もしにくいので、錆びてしまう心配もありません。
そのため、変色もほとんど見られません。

ただ、ごく一部の場合、プラチナが変色してしまうというケースもあります。
プラチナ単体で変色してしまうことは基本的にはほとんどないのですが、プラチナに混ぜられている他の金属が原因で変色してしまう場合があります。
市場に流通しているプラチナのほとんどは、パラジウムなどの変質しにくい金属との合金です。
そのため、純粋なプラチナでなくとも、変色してしまうことはほとんどありません。
しかし、流通しているプラチナの中には、変色しやすい金属が混ぜられている場合もあります。
たとえば、洗剤や漂白剤などの化学薬品に反応して、プラチナに混ぜられている金属が変色してしまうケースなどがあります。
基本的には、通常使用で変色してしまうことのないプラチナですが、こういった場合があることも知っておくようにしましょう。

・プラチナが変形してしまうことはある?

プラチナ変形

プラチナは基本的には、変形しやすい金属です。
金ほどではないですが、非常に柔らかい金属であるため、加工がしやすく様々な用途で活用されています。

そのため、純粋なプラチナではなく、合金のプラチナをアクセサリーなどには使用します。
Pt900やPt950などがそれですが、それでも他の金属と比べると柔らかい金属だと言えるでしょう。

・プラチナは傷つきやすい?

プラチナは傷つきやすい

プラチナのアクセサリーを身に着けていると、傷がついてしまうことが少なくありません。
プラチナは傷つきやすいのか?と気になる人もいるでしょう。
実際、プラチナは傷つきやすい金属の一つです。
上で述べたように、プラチナは金属の中ではかなり柔らかい部類になります。
そのため、硬いものと擦れた時などに、簡単に傷がついてしまうのです。
気を付けて使っているつもりでも、表面に無数の小さな傷ができてしまい、購入直後の輝きはなくなってしまうことも多いでしょう。
傷が目立つ場合や、輝きを復活させたい場合には、購入したお店に持っていくようにしましょう。
アフターサービスで対応してもらえることも少なくありません。
表面をなめらかに磨き直すことで、購入時のような輝きを取り戻すこともできるでしょう。
プラチナは傷つきやすいですが、傷がついたからと言って擦り減ってしまうわけではありません。
細かな傷であれば、磨き直しをしながら、長い間使い続けていくこともできるでしょう。

おわりに

プラチナが、変形・変色してしまうのかどうかについて、ご説明しました。
プラチナは、変色しにくく、変形しやすい素材です。
柔らかい素材のため、変形や傷には非常に弱いため、取り扱いの際には気を付けるようにしましょう。
また、逆に、変色にはかなり強いという特性があります。
高い安定性をもつ金属ですので、日常的な使用の範囲では、酸化や変色は基本的には起こすことはありません。
しかし、一部のプラチナは変色してしまうこともあるため、購入時には注意するようにしましょう。
プラチナが変色してしまった場合、そのプラチナに変色しやすい金属が混ざっている場合があります。
基本的には、プラチナに混ぜ物をする場合、同じく変色を起こしにくい金属を混ぜますが、こういった場合もあるのです。

大阪 東京のプラチナ買取ならGold Mrs インゴット分割もゴールドミセス
The following two tabs change content below.
アバター

ゴールドミセス

ゴールドミセスでは、日本一の買取を目指しており、他店では出来ない高価買取を実施しております。 是非、金・貴金属・ブランド買取をお考えの方は一度ゴールドミセスの買取一覧をご覧くださいませ。