プラチナにも偽物がある?偽物の判断方法とは

2020.05.31プラチナ
Pocket

プラチナにも偽物がある?偽物の判断方法とは

プラチナの偽物

市場に出回っているすべてのプラチナは本物?
残念ながら、そんなことはなく、市場には多くの偽物も出回っています。
高価なものであれば、それに似た偽物が出回っているというのが世の常です。
プラチナが本物か偽物かを判断するためには、どのような点に注意したらいいのでしょうか?
この記事では、プラチナが本物か偽物かを判断する方法をご紹介します。

・プラチナの刻印の種類について知っておこう

プラチナの刻印には、「Pt850」「Pt900」「Pt950」「Pt1000」などの種類があります。
これらの刻印は、プラチナの純度を示しています。
これに刻印されているこの数字は、プラチナの純度を1000分率で表したものであるため、数字が大きければ大きいほど純度が高くなっています。
100%より大きな数字はないため、Pt1000が最大の数字となっています。
また、下限もあり、Pt850を下回る純度のものは存在しません。
この数字は、日本では財務省によって定められています。
日本では、85%を下回る純度では、プラチナが使用されていたとしても、それはプラチナとは呼ぶことはできないのです。
また、プラチナの刻印には、Ptと似たものでPtFと刻印がされているものがあります。
アルファベットとしては似ていますが、この2つは全くの別物です。
PtFと刻印がされていれば、それはプラチナメッキであることを示しています。
メッキ張りされているだけで、それはプラチナではありませんので、注意が必要です。
偽物を判断する時には、以上のような点をチェックしておきましょう。

・磁石を使って偽物を調べる

偽物の見分け方

プラチナは、磁石には反応しません。
そのため、割金を多く含んでいたりメッキ張りだったりした場合には、磁石を使うことで偽物かどうかを調べることができる場合があります。
磁石を使って必ずしも判断できるとは限りませんが、一つのチェック方法として知っておくと良いでしょう。

・タングステン合金には注意

プラチナと区別がつきにくい金属に、タングステン合金があります。
タングステン合金は、プラチナに非常に似ており、プロでも判別することが難しいと言われています。
アレルギーを起こしにくく、熱に強い。
硬さも見た目もプラチナとほぼ変わらず、見た目で判断することは困難です。
上述の磁石を使った判別でも、タングステン合金のアクセサリーをプラチナと見分けることはできません。

悪質であったり、知識のない業者であったりした場合、タングステン合金のアクセサリーを販売していることもあります。
こういった偽物に騙されないためには、信頼できる店舗で購入するようにしましょう。

・比重で本物かどうかを確かめる

比重で確かめる

物質にはそれぞれ固有の比重があります。
プラチナの比重と一致するかどうかを確認することで、それが本物のプラチナかどうかを調べることができるという方法です。
比重とは、「空気中の重量/(空気中の重量-水中の重量)」です。
ただ、この比重を一個人が調べるのは非常に困難で現実的ではありません。
比重を調べる時は、比重計を用意している店舗に持ち込んで調べてもらいましょう。

おわりに

プラチナが本物か偽物かを判断するための様々な方法をご紹介しました。
以上でご説明した通り、そのプラチナが本物なのか偽物なのかどうかを見分けることは素人にはとても難しいです。
そのため、本物を安心して購入するためには、信頼できる店舗でしっかりと説明を受けたうえで購入するようにしましょう。
特に、新品ではなく中古で購入する際には注意が必要です。
中には、プロでも見分けることが困難な偽物もありますので、その業者に知識が十分でない場合、業者が騙されて買ってしまっている場合もあります。
購入の際の店舗選びは慎重に行いましょう。

大阪 東京のプラチナ買取ならGold Mrs インゴット分割もゴールドミセス
The following two tabs change content below.
アバター

ゴールドミセス

ゴールドミセスでは、日本一の買取を目指しており、他店では出来ない高価買取を実施しております。 是非、金・貴金属・ブランド買取をお考えの方は一度ゴールドミセスの買取一覧をご覧くださいませ。