プラチナで投資信託する魅力について

2020.06.26プラチナ
Pocket

プラチナで投資信託する魅力について

プラチナの投資

投資信託の商品は様々ありますが、その選択肢としてプラチナを選ぶのはいかがでしょうか?
プラチナはジュエリーとしてだけではなく、投資商品としても魅力的な商品です。
こちらの記事では、投資商品としてみたときのプラチナの魅力。
また、その注意点についてご紹介します。
プラチナ投資をお考えの方は、ぜひ参考になさってみてください。

・貴金属投資の種類

貴金属投資で一般的なのは、金・銀・プラチナの三商品です。
金は、長期の資産形成に向いており、銀とプラチナはハイリスクハイリターンの商材であると言われています。
そのため、貴金属投資をする際には、どのような投資の仕方をしたいかによって、購入する商品を決めましょう。
また、他にもいくつか傾向があります。
たとえば、値動きについて言えば、金と銀は株価と反対方向に動く傾向があるのに対し、プラチナは株価と同じ動きをする傾向にあります。
資産性で言えば、銀は安価で手ごろ・金は安全資産・プラチナは金よりもさらに希少。
などの傾向を知ったうえで、貴金属投資を行いましょう。

・プラチナ投資の魅力1 希少性

投資信託

実物資産の中で言うと、プラチナは金と並ぶくらいに人気がある商品です。
その人気の理由は、希少性にあります。
金もそうですが、実物資産としての鉱物の魅力は、有限資産であるというところにあります。

有限資産の中でも、プラチナの希少性はとても高く、金の1/20のみしか年間の生産量はないと言われています。
そのため、投資商品として見た場合、プラチナは金よりも価値が高くその金額変動も大きいという傾向があるのです。
希少性の高いものはそれだけで価値があります。
魅力の大部分がこの希少性と言ってもいいくらいに、プラチナの投資商品としての魅力を語るうえで希少性は重要なものです。

・プラチナ投資の魅力2 税制面での優遇

金やプラチナには、税制面での優遇措置があります。
金やプラチナの税金は、譲渡所得として総合課税に課税されます。

この譲渡所得ですが、5年間を超える長期保有をした場合、長期譲渡所得として税制優遇を受けることができるのです。

・プラチナ投資の魅力3 実物資産であるということ

実物資産であるということは、それ自体が魅力だと言えます。
というのも、たとえば株式であればその株式を発行している会社が倒産してしまえば、その価値は完全に0になってしまいます。

ただ、実物資産であるプラチナは、そのもの自体がなくなってしまうことはないため、価値が0になってしまうことはないのです。
一度価値が落ちてしまっても、長期保有していることで価値が回復・上昇することもあるのです。

・プラチナ投資の注意点

プラチナ投資信託の注意点

プラチナ投資には、このように多くの魅力があります。
ですが、ハイリスクハイリターンな商品ではあるので、その点には注意が必要です。
プラチナの価値は、その希少性にあります。
そのため、大きく売りが出て希少性が薄まった場合、大きく価値を減じてしまうことがあるのです。
また、今後長い目で見た場合、プラチナの宝飾品に対する需要は高まっていくことが十分に期待できるでしょう。

しかし、工業用の目的で考えた場合、将来的により安価な代替物がでてくる可能性はあります。
そうなった場合に、価値が下落してしまう可能性があるのです。
このような注意点を、投資をする前には、事前に知っておいた方がよいでしょう。

おわりに

プラチナ投資には、魅力もあれば注意すべきところもあります。
あくまで、投資は自己責任ですので、行うかどうかは自分の判断で決めましょう。
多くの魅力があるプラチナを宝飾用として身に着けるのも、投資商品として考えて投資するのも個人個人の考えによるものです。
プラチナの投資信託にご興味のある方は、いちど情報を取り寄せて考えてみても良いでしょう。

大阪 東京のプラチナ買取ならGold Mrs インゴット分割もゴールドミセス
The following two tabs change content below.
アバター

ゴールドミセス

ゴールドミセスでは、日本一の買取を目指しており、他店では出来ない高価買取を実施しております。 是非、金・貴金属・ブランド買取をお考えの方は一度ゴールドミセスの買取一覧をご覧くださいませ。