プラチナの用途は実はたくさん!ジュエリーだけではありません

2020.04.29プラチナ
Pocket

プラチナの用途は実はたくさん!ジュエリーだけではありません

プラチナの用途

プラチナには用途が非常に多くあります。
ジュエリーに用いられることはやはり多く、アレルギーが起こりにくく高価でもあるため様々な価値を人々に感じてもらうことができます。
それ以外に、工業用や医療など多くの分野でプラチナが用いられているということはよく聞くことでしょう。
ここでは、プラチナにはどのような用途があるのかについて、その一部をご説明してまいります。

・プラチナの用途1 アクセサリー

プラチナの用途と言えば、やはり真っ先に思い浮かぶのがアクセサリーでしょう。
指輪に使用するなど、価値の高いプラチナはアクセサリー用途で多く使用されています。
これはアレルギーが起こりにくい素材であるため、金属アレルギーの多くの方にも安心して使用していただくことができます。
また、希少金属であるためその価値は高く、見た目にも美しいため身に着けるアクセサリーをより美しく魅力的にするための素材として多く用いられています。

・プラチナの用途2 医療分野

医療分野

医療分野におけるプラチナの使用は活発です。
アレルギーが起こりにくい、血液に入れても酸化しないなど医療的にメリットのある性格を備えています。
そのため、医療分野においては非常に使いやすいのです。
一部の抗がん剤やペースメーカー、カテーテルなど多くの医療に関わるものに活用されています。

・プラチナの用途3 美容分野

白金ナノコロイドにはプラチナが使用されております。
白金ナノコロイドはデトックス効果を期待して、サプリメントとして使用されています。
白金ナノコロイドは、ナノ化したプラチナの微粒子を体内に取り込みます。
金属を食べることには前向きではない方もいらっしゃるかとは思いますが、厚生労働省により認可されたれっきとした問題のないものなのです。

・プラチナの用途4 自動車排気ガス用触媒

自動車のマフラー

工業用に使用されるプラチナの多くは、この自動車排気ガス用触媒として使用されています。
自動車が出す排気ガスには多くの有害物質が含まれております。
この有害物質を二酸化炭素に変換するのが、自動車排気ガス用触媒としてのプラチナの役割です。
自動車のマフラーはプラチナでコーティングされており、そのことにより自動車の排気ガスは二酸化炭素に変換されているのです。
なお、プラチナ以外でも白金属であれば、二酸化炭素に変換はしてくれるのですが、その効果はプラチナとそれ以外では全く異なります。
十分な効果が期待できるのはプラチナのみであるため、自動車排気ガス用触媒として非常に重宝されているのです。

おわりに

プラチナの用途について一部をご紹介しました。
希少金属であり、価値の高い金属であるプラチナは様々な特性を持ちその特性ゆえに各分野で非常に重宝されています。
美容分野では白金ナノコロイドとして使用されており、体内に取り込むことでデトックス効果が期待できます。
医療分野では、抗がん剤やペースメーカーをはじめとして、病の治療や健康維持のために使用されています。
パソコンのハードディスクにも情報保持する力を強めるために使用されていますし、自動車の排気ガスを二酸化炭素に変換するために多くの車で使用されています。
他にも、用途はまだまだあります。
このように、希少金属でありながら多くの用途でプラチナだからこその価値を出すことができるとても素晴らしい金属なのです。
プラチナはその様々な性質から人類の発展に寄与してきました。
プラチナがなければ今日ここまで発展してこなかった分野もあることでしょう。
このような用途について知っていれば、プラチナをより身近により価値のあるものとして感じることができるでしょう。

大阪 東京のプラチナ買取ならGold Mrs インゴット分割もゴールドミセス
The following two tabs change content below.
アバター

ゴールドミセス

ゴールドミセスでは、日本一の買取を目指しており、他店では出来ない高価買取を実施しております。 是非、金・貴金属・ブランド買取をお考えの方は一度ゴールドミセスの買取一覧をご覧くださいませ。