プラチナ投資におけるプラチナの価値を知ろう!

2020.08.02プラチナ
Pocket

プラチナ投資におけるプラチナの価値を知ろう!

プラチナ投資

プラチナにはどれだけの価値があるのでしょうか?
価値のある鉱物というと、プラチナ以外に金や銀などもあります。
プラチナが高いものであるということは多くの方が知っています。
ただ、それがどれだけ高いものであるのか、金と比べてどちらがどれだけ価値があるのか。
それらについて知っている方はあまりいないかもしれません。
こちらでは、投資でもよく用いられるプラチナの価値について、金とも比較しながらご紹介します。

・プラチナと金 どっちの価値が高い?

2020年6月の段階で、プラチナの価値はグラム当たり3,000円ほど。
金の価値は、グラム当たり6,500円ほどです。
2020年6月段階では、金の価値はプラチナの倍ほどもあるのです。
どうでしょうか?
イメージ通りでしたでしょうか?
それとも意外でしたでしょうか?
過去、プラチナは、金の倍を超える金額で扱われていました。
今とはちょうど逆の状態です。
この頃のイメージを強く持たれている方にとっては、この結果は意外に感じられたと思います。
金もプラチナも時期によってその価値は変動します。
今は、金の方がプラチナよりも価値が高いですが、これも絶対的なものではありません。
その認定を与えるための規格は当然とても厳しいものとなります。
今後、またプラチナのほうが金の価値よりも高くなることもありえるのです。
普遍的な意味において、金とプラチナの価値はどちらかが必ずしも高いというわけではないのです。

・プラチナの価値を知るうえで理解しておきたい プラチナの用途

プラチナの用途

プラチナの用途と金の用途。
このそれぞれについて理解しておくと、プラチナの価値について理解がしやすくなります。
プラチナの用途は、工業用としてのものが多数です。
それに比べ、金の用途は、宝飾用としてや資産としてのものも多くあります。
この違いによって、金とプラチナの価値は過去と比べ変動しました。
産業用・工業用として用いられるプラチナは、景気の低迷による影響で価値を下げやすいです。
というのも、景気が低迷すると、買い控えが起こるため企業側の生産も落ちます。
その結果、プラチナの需要が減り、価値を落とすことになるのです。
逆に、金はどうでしょうか?

宝飾用としてや資産として用いられている側面があるため、金は景気が低迷したとしてもその価値を落としにくいです。
むしろ、自国通貨の価値が落ちることを不安に感じた方々が購入することもあるため、逆にその価値が上がることもあるくらいです。

・プラチナの需要や用途

プラチナのアクセサリー

産業用・工業用として多く用いられるプラチナの、実際の用途についてご説明します。
そもそも、プラチナに宝飾品のイメージを日本人では持たれている方が多いですが、世界的にみるとそういったことはありません。
プラチナというと、医療・化学・工業用の触媒。
それが、世界で多くの方がもつプラチナのイメージなのです。
割合でいうと、全体の6~7割が医療・化学・工業用途。
残りの3~4割が、宝飾用として用いられています。
これは、プラチナのもつ性質に原因があります。
プラチナは、酸に対する強い耐性・高い融点などの特徴があります。
このようなプラチナがもつ特性は、産業・工業用として用いるのに向いています。
これらの特性から、プラチナは燃料電池や発熱装置、排気ガスの浄化触媒などに用いられているのです。
そのため、これらの産業が発展し、プラチナの需要が高まることでプラチナの価値は高くなることになります。

おわりに

プラチナの価値についてご説明しました。
プラチナの価値は、過去に比べると低くなっています。
ただ、今後プラチナの価値が高くなることはプラチナ需要の高まりによって十分あり得ることです。
プラチナはもともと高い価値のあるものです。
そのため、その価値がより評価される条件さえあれば、さらに高くなることでしょう。

大阪 東京のプラチナ買取ならGold Mrs インゴット分割もゴールドミセス
The following two tabs change content below.
アバター

ゴールドミセス

ゴールドミセスでは、日本一の買取を目指しており、他店では出来ない高価買取を実施しております。 是非、金・貴金属・ブランド買取をお考えの方は一度ゴールドミセスの買取一覧をご覧くださいませ。