プラチナとホワイトゴールドの違い 買うならどっち?

2020.04.29プラチナ
Pocket

プラチナとホワイトゴールドの違い 買うならどっち?

プラチナとホワイトゴールド

プラチナとホワイトゴールドは似た外見を有しています。
しかし、別の素材であるため、それぞれ違いもあります。
本記事ではそれぞれの違いについて、また買うならどちらを買うべきなのかについてご案内いたします。

・素材としての違い

素材として見た時に、プラチナとホワイトゴールドはどのような違いがあるのでしょうか?

・プラチナ

プラチナを元素として見た時にプラチナ元素は白金族に分類されます。
この性質としては、粘り強くしなやかであることがあげられます。
この特性により、混ぜ物のない状態では使いづらく、アクセサリーとして使われることはありません。
一定混ぜ物をして、形を固定した状態でアクセサリーとして使用されます。
また、変質や変色に強く、アクセサリーを身に着けたまま温泉に入ったとしても色が変わってしまうことがないこともこの素材としての特徴です。

・ホワイトゴールド

ホワイトゴールドは、ゴールドにパラジウムや銀を割金として用いた金合金です。
その素材としての特徴は本来、プラチナ同様変色や酸化をしにくいということです。
しかしながら、その特性を持つのはホワイトゴールドに含まれる「金」部分のみです。
金に用いられる割金はその特性を持っていない場合がありその場合、それは酸化や硫化、変色もしてしまいます。
プラチナと異なり、温泉に入った際に変色してしまうことがあります。

・色味の違い

色味の違い

・プラチナ

この色味は銀白色です。
変色をしないという特性を持っているため、長く銀白色の色味を楽しむことができます。

・ホワイトゴールド

ホワイトゴールドは、金に割金をした金合金です。
そのため、金の色味に関しては変わることは無いのですが、割金として使用した素材やその素材を用いた割合によって色味が異なります。
ホワイトゴールドは多く、シャンパンカラーの黄色味を有しています。
この色味をより白に近づけるためにそのままの色味のまま使用するのではなく、銀白色をしているロジウムで周りをコーティングし、銀白色の色味にしております。
このロジウムはあくまでコーティングですので、長く使用しているうちに剥がれ本来の色味が顔を出してしまうことがあります。
そういった場合には、再度ロジウムでコーティングを施す必要があります。

・それぞれのメリットとデメリット

・プラチナのメリットとデメリット

・プラチナのメリット

  • 酸化や変色に強いため、長く身に着け続けることができる。
  • しなやかで柔らかい素材であるため、繊細なアクセサリーを作るのに向いている。

    プラチナのデメリット

  • ゴールドと比較した際には、強度が弱いことがある。
  • ホワイトゴールドのメリットとデメリット

    ホワイトゴールドのメリット

  • プラチナに比べ、強度が高い。
  • 外見的にはプラチナに近いにも関わらず、プラチナよりも安価で購入することができる。


  • ホワイトゴールドのデメリット

  • 身に着けている中でコーティングが剥がれ、黄色じみた色が見えてしまうことがある。
  • 酸化や変色を起こしてしまうことがある。

・どちらが良い?

どちらが良いか

プラチナとホワイトゴールドの違いなどについて色々とお伝えしましたが、結論購入するにあたってはどちらが良いのでしょうか?
実はこちらには明確な答えはありません。
それは、購入する方のニーズによって答えは異なるためです。
プラチナ・ホワイトゴールドともにメリットもデメリットもありますので、どのような要素を求めるのかによってどちらを購入するのかを決めるようにしましょう。

おわりに

プラチナとホワイトゴールドの違いについてご説明いたしました。
それぞれの特徴を知った上で、自分の購入目的にあった方を購入するようにすると良いでしょう。

大阪 東京のプラチナ買取ならGold Mrs インゴット分割もゴールドミセス
The following two tabs change content below.
アバター

ゴールドミセス

ゴールドミセスでは、日本一の買取を目指しており、他店では出来ない高価買取を実施しております。 是非、金・貴金属・ブランド買取をお考えの方は一度ゴールドミセスの買取一覧をご覧くださいませ。