【時計買取】壊れたロレックスでも買取は可能?どこまでならOK?

2021.03.03時計
Pocket

【時計買取】壊れたロレックスでも買取は可能?どこまでならOK?

壊れたロレックス

「ロレックスを時計買取に出したいけれど壊れているから買い取ってもらえないのでは…」と考えて諦めてしまう方も少なくありません。
しかし本体価値が非常に高い時計であるため、できることなら高く売却したいと思うでしょう。
今回は、時計買取において壊れたロレックスでも買取ができるのかどうか・どこまでの範囲なら買取可能なのかについてご紹介していきましょう。

・壊れたロレックスは買取できる?

買取できるのか

ロレックスが壊れていても修理をすれば再度使用できるようになるケースも多いため、ほとんどの業者では買取を行ってくれるでしょう。
その理由としては、時計が壊れてしまうと修理を行わなければなりませんが、ロレックスの場合「修理費用がある程度かかったとしても利益を出せる可能性が高い」ことが挙げられます。
一般ブランドの時計が故障した場合、修理費用が査定金額以上にかかってしまうこともあるため、買取を断られることも多いです。
もともと査定金額が高額であるロレックスは、その査定金額から修理費用を引いても買取品としての利益が残るため、壊れていても買取を行ってもらいやすいのです。

・どこまでなら買取OK?

どこまでOK

一概に「壊れた」と言っても、どこまでの壊れ具合であれば買取を行ってもらうことができるのでしょうか?

・動かなくなった

腕時計は精密機器であるため長い間使用してもしなくても、定期的にメンテナンスを行っていなければ不具合が生じてしまうのです。
このような状態でも修理やオーバーホールを行うことで、再度復活することがあるため買取範囲内になるのです。

・パーツが無くなった

外部からの衝撃でロレックスのパーツが取れたり無くなったりしてしまうこともあるでしょう。
そのような場合でも部品を入れ替えることで正常に動き出すことが考えられるため、買取範囲に入ります。

・ガラス面が割れている

何かの拍子に腕時計を落としてガラス面を割ってしまった場合でも、ガラス面を修理すれば商品として再販できるため、買取可能になる場合が多いです。

・サビが一部分・全体に出てしまっている

とくにアンティークロレックスに多いですが、長年使い続けているとサビが付いてしまうこともあります。
しかしサビであれば取れる場合も多く、綺麗に落とすことができれば問題なく使用できるため、買取可能になる可能性が高いでしょう。

・時計の針が取れてしまった

時計の針が取れてしまって、文字盤の部分に落ちてしまうこともあるでしょう。
その場合でも代わりの秒針を用意することで再び動き出すことが考えられるため、買取を行ってもらえることが多いです。

・ベルト部分がぼろぼろ・傷んでいる

皮のベルトタイプのロレックスであれば、使っているうちにベルト部分がボロボロになってしまいがちです。
ベルト部分が傷んでしまって一見使えないような状態でも、時計本体の品質には変わりないため買取を行ってもらえる場合が多いです。

・保証書や箱などの付属品がない

ロレックスの保証書や腕時計が入っていた箱が無い場合でも、問題なく買取対応を行ってもらえます。
ただ、付属品がすべてそろっているロレックス品に比べると、その査定価格は少し下がってしまうかもしれません。

おわりに

今回は、時計買取において壊れたロレックスでも買取ができるのかどうか・どこまでの範囲なら買取可能なのかについてご紹介しました。
壊れたロレックスであっても修理を行うことで再販できる可能性が高いため、ほとんどの業者では買取を行っています。
またロレックスであれば買取の幅も広いため、動かない状態やパーツが足りない状態など、一見買取できないと思うようなものでも買取可能であることが多いのです。

ロレックス買取

大阪 東京のプラチナ買取ならGold Mrs インゴット分割もゴールドミセス
タグ : ロレックス
The following two tabs change content below.
アバター

ゴールドミセス

ゴールドミセスでは、日本一の買取を目指しており、他店では出来ない高価買取を実施しております。 是非、金・貴金属・ブランド買取をお考えの方は一度ゴールドミセスの買取一覧をご覧くださいませ。