ロレックスのケースサイズは何が人気?さまざまな種類をご紹介

2021.08.31時計
Pocket

ロレックスのケースサイズは何が人気?さまざまな種類をご紹介

ロレックスのケースサイズ

タグホイヤーやブライトリングなどと同様に、世界中で絶大な人気を誇るロレックス。
ロレックスはさまざまな形状、サイズを展開しており、一言で「ロレックスの時計」といってもどれのことを指しているのかわからないほどです。
今回は、ロレックスのケースやサイズについてご紹介します。

・ケースとは?

ケースとは

みなさまが「ケース」といわれた際に思い浮かべるのは四角い「箱」ではないでしょうか?
もちろんそちらもケースには間違いないですが、時計の場合はムーブメントなどの機械を中に収めるための容器を指します。
ケースは主にステンレスやチタンのほか、金、プラチナといった貴金属のほか、カーボンなどさまざまな素材で作られています。
いずれも、中の機械を守るために非常に丈夫に作られています。
そのようなケースにはラウンド、レクタンギュラー、トノーなどさまざまな形状があります。
時計を使用するシチュエーションや自身のファッションに合わせて、最適な形状の時計を選びたいものです。

・人気のケースサイズ

人気のケースサイズ

ロレックスには、さまざまなケースサイズの時計を展開しています。
結論から申し上げますと、ロレックスのサイズは人の好みによる、といえます。
しかし、購入前後に確認したところ、思った以上に大きかった/小さかったということが起こりえます。
特に男性と女性では体から腕周りまでサイズが大きく違うため、時計もサイズ感は重要視したいところです。
ここでは、性別に分けて最適な時計のサイズについてご説明します。

・メンズ

一般的にメンズに適しているロレックスのケースサイズは34~44mmといわれています。
またサイズについては歴史を重ねるごとに展開が増えています。
例えば代表モデルである「デイトナ」、こちらはもともと36mmで展開しておりましたが、派生形として40mm、44mmと大きなサイズも展開されるようになりました。
こちらの背景としては人々の体系が大きくなったことも関係していると推測できますが、ファッションとしてさまざまなバリエーションがあった方がユーザーの満足度が上がるためメーカーが展開した、ともとらえることができます。

・レディース

ロレックスの公式サイトでは、26~37mmを推奨しています。
男性よりも体が小さい方もいらっしゃるので、それに比例して時計のサイズも変わっています。
またおすすめの形としては、オイスターデイトやオイスターパーペチュアル、デイトジャスト、ヨットマスターなどが挙げられます。
ロレックスは同じ形でもさまざまなサイズを展開しています。
そのため、ペアで購入される方もいらっしゃいます。
もしもパートナーとロレックスの形の趣味があった場合、一生ものの買い物としてロレックスの時計を選んでみてはいかがでしょうか?

おわりに

今回はロレックスのケースサイズは何が人気なのか、性別ごとにご紹介しました。
ロレックスのサイズは男性・女性と明確に分けられているわけではないため、ご自身の好みにより好きな形式を選んで問題ございません。
しかし、体の大きさやバランスなどを考慮すると、男性は36~44mm、女性は26~37mmを推奨することが多いです。
男女では体のサイズが異なることが多く、そのため時計のサイズも検討する必要があります。
ロレックスでは同じ形でもさまざまなサイズ展開をしており、例えばデイトナでは36、40、44mmなどのサイズがあります。
ロレックスの時計選ぶコツとしましては、普段身に着けているときのイメージを明確化したりして、長年使えるのかなどを考えましょう。
もしもカップルや夫婦の方々で、時計の趣味があった場合はペアでつけることも可能なモデルもありますので、気になった場合は実際に手に取って確認してみましょう。

ロレックス買取

大阪 東京のプラチナ買取ならGold Mrs インゴット分割もゴールドミセス
タグ : ロレックス
The following two tabs change content below.
アバター

ゴールドミセス

ゴールドミセスでは、日本一の買取を目指しており、他店では出来ない高価買取を実施しております。 是非、金・貴金属・ブランド買取をお考えの方は一度ゴールドミセスの買取一覧をご覧くださいませ。