本物?偽物?ロレックスの見分け方について

2020.12.19時計
Pocket

本物?偽物?ロレックスの見分け方について

ロレックスの見分け方

ロレックスの腕時計を正規のお店以外で購入した場合や人から譲ってもらった場合など、「このロレックスの腕時計は本物なのだろうか?」と不安に思ったことはありませんか?
鑑定士に見てもらえばその疑問も解消されますが、自分で見分けることができればなお良いです。
今回は、ロレックスの腕時計が本物か偽物かを見分けるポイントについてご紹介します。

・ロレックスの象徴である「王冠マーク」

ロレックス腕時計の象徴でもある「王冠マーク」を確認しましょう。
王冠マークはロレックス時計のいたるところにあしらわれている、無くてはならないモチーフです。
繊細なデザインであるため、本物と偽物を見分ける際にも役立ちます。
本物は王冠マークが洗練されておりスタイリッシュな印象をもつのに対し、偽物は王冠マークが太い・つぶれているなどバランスの悪い印象をもっています。
また本物は、王冠マークがブレスレットの部分にも刻印されているのですが、偽物であればつくりが雑なうえ凹凸が無いという特徴をもっています。
ロレックスの王冠マークを見分ける際は、ぜひ本物と見比べてみてください。
実物でなくてもネット上の画像などを検索し、拡大しながら確認するようにしてみましょう。

・針や日付の動き方

針や日付の動き

職人による匠の技術で作られたロレックスは、秒針がなめらかに進むなど動きが繊細な腕時計だとされています。
またカレンダー機能が搭載されているモデルの場合は、12時を迎えると日付の部分が「カチッ」と変わります。
そのため、1秒ごとに秒針がカチカチと動くような時計や、日付表示が12時に近づくにつれて少しずつ切り替わるような時計である場合は、偽物である可能性も頭に入れておきましょう。

・ガラス表面の傷やすかし模様

ロレックス腕時計に採用されているガラスは「サファイアクリスタル」です。
このサファイアクリスタルの硬さはダイヤモンドの次に並ぶほどと言われており、腕時計のガラス表面に小さな傷がいくつかついてしまうことを回避できます。
そのため、ガラスの表面に傷が多くついているような商品であれば偽物の可能性があります。
またロレックス腕時計のガラス表面には、「王冠マークのすかし模様」が目立たないようにうっすらと施されています。
この模様が目立ってしまっている時計の場合は注意しましょう。

・全体的なつくりの甘さ

全体的な作り

ロレックス腕時計は全体的に丁寧なつくりとなっており、細部にまでこだわりが光っているのが特徴です。
自分でロレックス腕時計を目利きする時には、その全体的なつくりも確認してみましょう。
偽物は時間やコストをかけずに作られているのに対し、本物のロレックスであれば製造に時間をかけて緻密に作られていきます。
いたるところに細かな細工が施されており、全体が美しく整えられたようなつくりになっているのが本物です。
偽物は塗装具合やロゴの自体など全体的にバランスが悪く、さまざまな箇所が大雑把に作られていることが分かります。
本物と比べてみるとその差が非常に分かりやすいかと思います。
気になる箇所があれば、ピンポイントで確認してみるのも良いかもしれません。

おわりに

今回は、ロレックスの腕時計が本物か偽物かを見分けるポイントについてご紹介しました。
自分で見分けられる簡単なポイントを4つご紹介しましたが、「このポイントを押さえれば絶対に本物である」と断言できるわけではありません。
ロレックスの腕時計はその人気の高さから、プロの鑑定士であっても見分けることが困難なほど精巧に作られた偽物も存在します。
より確実に本物かどうかを見極めたいという場合は、ロレックス正規店に行って実際にオーバーホールを依頼してみるという方法もあるので、気になる方は試してみると良いでしょう。

大阪 東京のプラチナ買取ならGold Mrs インゴット分割もゴールドミセス
The following two tabs change content below.
アバター

ゴールドミセス

ゴールドミセスでは、日本一の買取を目指しており、他店では出来ない高価買取を実施しております。 是非、金・貴金属・ブランド買取をお考えの方は一度ゴールドミセスの買取一覧をご覧くださいませ。