ロレックスの保証書は再発行してもらえる?

2021.07.31時計
Pocket

ロレックスの保証書は再発行してもらえる?

ロレックスの保証書

高級時計の代名詞ともいえるロレックス。
ロレックスはクロノメーターの公式証明書が発行されており、日差し±2秒を5年間保証する、非常に厳格な審査を通過した精密時計です。
またロレックスには全商品に本物・正規品である証明として保証書が同梱されております。
今回は、そんなロレックスの保証書の再発行や修理・買取の際の影響についてご紹介します。

・保証書とは?

保証書(別名:ギャランティー)とは、メーカーの保証期限を示す証明書です。
ロレックスの場合、保証期限は購入日から5年間に設定されています。
保証期限とは、正常に使用した場合に無料で修理をしてくれる期間となっており、安心して使用ができる期間となっております。
これは言い換えると「5年間は正常に動くことを約束します」という証明にもなっています。
また、質の高い商品を提供しているということの表れでもあります。

ロレックスの保証書は年代によって分かれており、現在は緑色のシンプルなカードですが1世代前は緑と白のツートーンのカード、2世代前は濃いグリーンのカード、それ以前はシンプルな紙となっております。
また近年のものではQRコードがついているものがあり、こちらをスマートフォンで読み込むとその商品のシリアル番号を表示させることもできます。

・保証書の再発行について

保証書の再発行

結論から申し上げますと、保証書の再発行はできません。
というのも、メーカー側からすると修理費や改善費など、販売後の予想しないコストが発生してしまう可能性があるからだと考えられます。
基本的に保証書は1商品につき1枚のみなので、必ず大切に保管するようにしましょう。
また保証書はメーカー側でいつ、どこで購入された商品の保証書なのかを厳格に管理しているため、不正利用や改ざんを行うことはできなくなっています。
ロレックスの時計本体に限らず、保証書もコピーや改ざんがされることがあるのです。
このようなことから、いかなる場合も保証書の再発行については受け付けていないのです。

・修理の際の影響

ロレックスの修理やオーバーホールの際には保証書は不要になります。
先述の通り、保証書とは購入者に対して安心を与えるものであって、本物と偽物を判断するための要素とは限らないのです。
とはいえ、偽物の場合はロレックスの正規店では修理を承っていないため、もしも知人や両親などからロレックスを受け取った際は本物であるかの確認のために、オーバーホールに出す、というのも見極めの手段となっております。

・買取の際の影響

買取での影響

保証書はそのロレックスが本物であることを証明する重要な書類です。
保証書があった場合の方が高く買い取ってもらうことができ、場合によっては保証書の有無で買い取り額が数十万円変わった、ということもありますので、ロレックスの買取の際には保証書は必要であると考えたほうがいいでしょう。
また保証書はもちろん、箱やその他冊子類についても同様で、すべてそろった状態で保管しておいた方が買取査定の際の評価につながるため、大事に取っておくことをおすすめします。

おわりに

今回はロレックスの保証書についてご説明しました。
ロレックスの保証書は1商品につき1枚、保証期間は5年間、再発行はいかなる場合も受け付けてくれません。
保証書はメーカーの自信、及び本物であることを証明する要素の一つとなっているため、保証書の有無は買取査定額に大きな影響を与えることとなります。
そのため、商品購入者自身が大事に保管をしておかなければなりません。
保証書以外にも箱や冊子類も同様に査定に影響するため、買取を検討される場合はこれらのものを大事に保管しておくようにしましょう。

ロレックス買取

大阪 東京のプラチナ買取ならGold Mrs インゴット分割もゴールドミセス
タグ : ロレックス
The following two tabs change content below.
アバター

ゴールドミセス

ゴールドミセスでは、日本一の買取を目指しており、他店では出来ない高価買取を実施しております。 是非、金・貴金属・ブランド買取をお考えの方は一度ゴールドミセスの買取一覧をご覧くださいませ。